読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

もも

花子とアン第156回(最終回) 日本中にアンの腹心の友ができますように

居間 「敗戦後、私は筆を折っていたのをご存知?」 「ええ、、、」 「何を書くべきかわからなくなってしまったの。 7年間も、宇田川満代はがらんどうだった。 その私が、また書けるような気がするの、、、 ありがとう」 「宇田川先生、、、」 「あなたじゃな…

花子とアン第154回 お姉やんは美里ちゃんを心から愛してる 小鳩書房社長、門倉幸之助役の茂木健一郎さん登場!

ある日 小鳩書房の小泉が社長を連れてきました。 社長の「門倉幸之助」役は「茂木健一郎」さん。

花子とアン第143回 本当のお母様 命よりも大切なもの

空襲後 玄関の前に立つ花子ともも 英治と旭が戻って来ます。 安心する花子ともも。 かよの店も大丈夫なようです。

花子とアン第140回 平和か、、、戦争か、、、 そして醍醐さんが、、、

カフェータイム 花子は玄関に石を投げられた話をかよとももにします。 「石を投げられたのは、お姉やん達にも責任があると思うの」 かよとももはは、花子が周りからどう思われているのかを伝えます。 花子が英語の仕事をしている事で、近所からよく思われて…

花子とアン第139回 醍醐さんシンガポールへ そして龍一も、、、 さらに雪乃役の壇蜜さんが再登場

太平洋戦争開戦 花子49歳。 太平洋戦争の開戦を機に、花子は9年間続けた、ラジオのおばさんを辞めました。 そして、日本とカナダは敵対する関係になったのです。 昭和16年、開戦直後は日本中が勝利を確信し、大きな興奮に包まれておりました。

花子とアン第130回 スコット先生、再登場! そして戦争の足音

1938年(昭和13年)夏 5年後 旭は元気になり青凛社で働いています。 ももと旭にはもう一人、女の子が生まれました。 美里は花子と英治のたっての願いで、村岡家の養女になっています。

花子とアン第129回 命名、美里 てるてる坊主のテル

村岡家、居間 命名、美里 「美里、、、」 「ごきげんよう、美里ちゃん!」

花子とアン第128回 もも結婚、そして朝市も!

村岡家、居間 絵描きの旭はももに自分の思いを伝えます。 「ももさんを描いているうちに分かったんです。 周囲に才能を評価されるよりも、もっと大切なことがあると。 それは、、、描く対象をちゃんと愛することです」 ももは、自分の今までのことを旭に話し…

花子とアン第127回 太陽に輝く緑色

村岡家 「ただいま帰りました」 「ももさん、このうちで一緒に暮らしてくれるそうだよ」 正座するもも。 正座する花子と英治。 「ここに置いてもらう代わりに、家の仕事を私にやらせて下さい。 2人ともお仕事忙しそうだし、私にできる事、なんでもしますから…

花子とアン第126回 希望 祈り 魔法の言葉 「ごきげんよう」

村岡家 お父とお母は、もものことを花子と英治に頼み、甲府に帰っていきました。 タイム カフェーで働くもも。 花子はももに言います。 「もも、家で一緒に暮らそう」 ももは返事をしません。 「私が今、翻訳をしたり、童話の仕事をしていられるのは、ももの…

花子とアン第125回 お姉やんが、羨ましくて羨ましくて 笑顔を取り戻したもも 謎の絵描き、益田旭役の金井勇太さん登場

夜 「もも、よくきたじゃん」 「もも、しばらくじゃんな」 兄やんとかよちゃんがやって来ました。 安東家大集合です!

花子とアン第124回 笑顔を亡くした もも

村岡家 ラジオの初出演から1週間後。 「御免ください、はなちゃん」 花子が玄関へ蓮子を迎えに行くとそこには何と、、、 「ご無沙汰してます、お姉やん」 ももちゃんです! ももちゃん、なぜか暗く疲れた表情です。 いったい何があったのでしょうか?

花子とアン第92回 意義なし! 花子、ついに結婚!

甲府 ももちゃん! 結婚式のためにももちゃんが北海道から帰ってきました。かよちゃんは、なんか遠慮がちな顔ですね、どうしたのかな? (M-33 Mother Land Nostalgia) お爺やんの仏前にサイダー。サイダー、なぜ?それはさて置き、、、 ももちゃんは北海道に…

花子とアン第60回 おお、出ました!

ちびっとあらすじ おお、出ました、宇田川満代先生! 着物が風呂敷のようです。 眉毛濃いです。 インパクト大です。 はなは東京に物語の売り込みに来ました。 「こっちは命がけで書いてんのよ。田舎教師の趣味と違うの」 しかし、人気作家になった宇田川満代…

花子とアン第59回 もも、北海道へ たんぽぽの目

ちびっとあらすじ 別れ 「なんも言わんでええだよ、もも、えらかったじゃんね」 はなはももの初恋が実らなかったことを その時知ったのでした。(黄色い方) ももが北海道に旅立つ日が来ました。 ももは家族から、 そしてお隣リンさんからも餞別を受け取りま…

花子とアン第58回 告白オブザイヤー

ちびっとあらすじ 教会ではなと朝市を目撃したもも。 次の朝、、、 「お父、おら、あの縁談受けようと思う」 ももちゃん、歯が白いです。 はなは反対、お母は賛成です。 お母はいつも正しいのです。それは、、、 家族への愛が正しい判断をさせるのです! は…

花子とアン第57回 「はい?」 パッシーーーン!

ちびっとあらすじ 炭鉱の労働者、嘉納家に乗り込む 炭鉱の労働者が嘉納家に乗り込んできました。 蓮子さま、相手の迫力に押され気味になりながら、 新聞記者の黒沢にかばわれます。 「やめんか!わしの留守中に土足で上がりこ込むとは何たる無礼か!」 伝助…

花子とアン第56回 合同パルピテーション会!

ちびっとあらすじ 「では、只今より合同パルピテーション会を行います!」 徳丸武(矢本悠馬)の家で茶飲み会が始まりました。 武のアホっぷりがいい味出しています。でも茶飲み会を開いてくれるとは、 武も徳丸さんに劣らずいいやつじゃあーりませんか。 ポ…

花子とアン第55回 Girls, be ambitious!

第10週「乙女よ、大志を抱け!」 ちびっとあらすじ 今年は第3学年担当 1918年(大正7年)5月、 はな24歳(はなは1893年6月21日生まれです)、 最初の生徒を送り出してから4年の月日が経ちました。 はなの着物がまた変わってます。お洒落な紫です。 はなの教…

花子とアン第50回 お父帰る! かよちゃんは悪くありません

ちびっとあらすじ お父帰る! 「ぐっどあふたぬーん、はな」 はなのお父、吉平が帰ってきました。 はなが学校で授業中にひょっこりと。 お父は4年ぶりに甲府に帰ってきました。 お父の服はかなり、いやひどくボロボロです。 放課後はなと話しますが、はなが…

花子とアン第44回 想像のツバサ

ちびっとあらすじ 先生に向いてねえじゃねえけ? はなは就任初日から教師失格の烙印を押されてしまいました。家へ帰ってきて家族に教師一日目の感想を聞かれますが、歯切れの答えです。そこへ、お爺やんが、、、 「まあ、そう気にするな。のっけだからな」 …

花子とアン 第41回 はなのかへりを たのしみに まってゐます

花子とアン 第41回 はなのかへりを たのしみに まってゐます ちびっとあらすじ はなと、ふじ、かよは親子水入らずで一晩を過ごします。深夜まで勉強するはな。その後ろからふじとかよが見守ります。ふと、思い出してはなはお父からの手紙を取り出します。そ…

私は騙されていたのでしょうか? Shall we begin?

花子とアン 第39回 ちびっとあらすじ 博多では蓮子さまと石炭王、嘉納伝助との結構披露宴が続いています。するとそこへかわいい女の子が、、、 なんと伝助には冬子(山岡愛姫)という子供がいたのです。伝助には子供がいないと聞かされていた蓮子さまは驚き…

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話