読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

宇田川満代

花子とアン第156回(最終回) 日本中にアンの腹心の友ができますように

居間 「敗戦後、私は筆を折っていたのをご存知?」 「ええ、、、」 「何を書くべきかわからなくなってしまったの。 7年間も、宇田川満代はがらんどうだった。 その私が、また書けるような気がするの、、、 ありがとう」 「宇田川先生、、、」 「あなたじゃな…

花子とアン第155回 「赤毛のアン」がついに出版! しかし宇田川先生が、、、

書斎 花子は早速 ANNE OF GREEN GABLES の推敲を始めました。 コーヒーを持ってきた英治に花子が聞きます。 「ねえ、英治さん、カモメってどんな風に飛ぶと思う?」 「カモメ?」 花子は翻訳に迷っているようです。 「うーん、飛んでカモメって、漂ってるよ…

茂木健一郎さんがスタジオパークに登場! 司会は山田真歩さん(宇田川満代先生)!

オープニング 司会は宇田川満代先生、山田真歩さん

花子とアン第150回 目を閉じるお父  吉太郎と醍醐さん Hey, Mama-san!

村岡家 電話をする花子。 「あの、、、ラジオ出演のお話、ぜひ受けさせてください」 微笑む英治。

花子とアン第136回 I HAVE a book to give you.

ちょっこしあらすじ JOAK 1939年(昭和14年)初夏 花子はラジオの仕事を続けています。 廊下を歩く女性、、、 宇田川満代先生です! ラジオから流れる花子の声に足を止める宇田川先生。 「あいかわらず生ぬるいわね」 宇田川先生の言葉に、へつらう漆原部長。…

花子とアン第133回 ブラックバーン校長、帰国へ そして時代は一色へ

カフェー タイム 従軍記者に燃える宇田川先生。 「じつは私も、機会があればペン部隊として戦地へ赴きたいと思っているの」 真実を自分の目で確かめたい醍醐さん。 「この戦時下において、表現者なら当然のことよ」 宇田川先生が割って入ります。長谷部先生…

花子とアン第132回 宇田川満代、ペン部隊として戦場へ 大きく動き始めた時代 

放送後 「読み合わせの時と、原稿の内容が違いましたね」 「あ、、、」 「テルとか、テル号とか」 気まずい顔の花子。 「問題になっても、私は一切関わりあいになりたくございませんので。 では、ごきげんよう、さようなら」 席を立つ有馬。 「村岡先生、お…

花子とアン第121回 宇田川節、炸裂!

1932年(昭和7年)5月 花子、38歳。 花子は児童文学の翻訳に没頭していました。 イソップ物語 3年前には村岡父、平祐が亡くなっています。 あらら。 青凛社では新しい雑誌が完成します。 家庭 歩の死から6年が経っていました。

花子とアン第109回 宇田川満代、恋に落ちる!

ちょっこし、あらすじ 1924年(大正13年)春 大震災から半年が経ちました。 英治は工事現場で働いています。 朝、花子と歩が英治を見送ります。 歩の手には兄やんからもらった船。 「お父ちゃま、いってらっちゃい」

花子とアン第100回 蓮子に新しい命 龍一に飛びかかる伝助

ちょっこし、あらすじ 龍一の部屋 歩をれ蓮子と龍一に見せる花子 「はなちゃん、私も新しい命を授かったの。何があってもこの子を守るって、龍一さん言ってくれたの」 「おめでとう!」 「ありがとう、元気な赤ちゃんを産むわ」 なんと蓮子のお腹には新しい…

花子とアン第97回 宇田川先生にも取材殺到

ちょっこし、あらすじ (たぶんKalafinaサウンド) その日、日本中がその記事に騒然となりました。 ところが党の蓮子だけはまだ知らなかったのです。 まさか、あの絶縁状が新聞に公開されているとは、、、 龍一と焼き芋を食べる蓮さま。 やはり頭の大きさで…

花子とアン第90回 大事な話 カメオの秘密が明らかに! そして英治ついに告白!

聡文堂 「それは、はなさんだったのよ」 村岡印刷 カメオを英治に渡す郁弥。 「どういうことだ」 回想 「あたしが死んだら、もうあたしに縛られないで、誰かと一緒に生きていって欲しい」 カメオを郁弥に渡す香澄。 カメオは義母の形見。 「義姉さん兄さんの…

花子とアン第88回 かよちゃんと武 クリスマス會 決闘?

ちょっこし、あらすじ かよ!全員かよ! なんちゃって~ チャンチャン というわけでかよたん、カフェーのクリスマスパーティーに10人呼ばなければならないようです。 「ふんだけんど、おら、東京に知り合いなんていないし(T_T)」 かよたん、かわえ~。「どう…

花子とアン第87回 宇田川先生のダメ出し、トホホ そして美輪さん、マジですか?

ドミンゴ 「蓮子、どげんしたとか?」 カウンターに座る龍一。 伝助に冷たく対応する蓮さま。 「お前が、欲しがっちょったもんが見つかったきい、渡そうと思うてな」 パカッ

花子とアン第86回 カメオの秘密

ちょっこし、あらすじ 村岡印刷 「お断りします」 「てっ!どうしてですか?」 「挿絵は本職ではありませんから」 「でも、はなさんのページには、あんた素敵な絵を描いていらっしゃったじゃないですか」 「素人ですが、あの挿絵だけは描きたかったんです」

宇田川満代役の「山田真歩」さんと、村岡郁弥役の「町田啓太」さんが、「スタジオパークからこんにちは」に出演されました!

本日7月7日、「スタジオパークからこんにちは」に、宇田川満代役の「山田真歩」さんと、村岡郁弥役の「町田啓太」さんが出演されました! オープニング 司会は伊藤雄彦アナウンサーと女優の高畑順子さん。 冒頭からハイテンションです。 最初は「花子とアン…

花子とアン第85回 銀ブラ、そして「銀河の乙女」が、、、

ちょっこし、あらすじ 1919年(大正8年)12月 年の瀬、朝市と武がひょっこりドミンゴにやって来ました。 「朝市~」 かよたん、やっぱり呼び捨てです。 武はワインの売り込みに来たようです。 そこへはなもやって来ます。 武、銀ブラに連れて行けとはなたち…

花子とアン第82回 折れた翼 雨と傘

ちょっこし、あらすじ ドミンゴ なぜかやけ酒を飲む、郁弥。 醍醐さんとはなも付き合います。 しかしはなはまったく酔えません。 酔った郁弥を英治が迎えに来ます。 「離婚なんてしないで下さい。絶対にしないでください」 ドミンゴを走り出るはな。 (M-18 …

花子とアン第79回 村岡英治の妻、村岡香澄役の「中村ゆり」さん初登場!

ちょっこし、あらすじ 聡文堂 はなは新しい雑誌の準備で大忙し。 「いや~宇田川先生、やっぱり今、勢いありますよ」(三田) 文芸東洋に掲載された宇田川先生の「逢引」はやはり、はなの話のパクリです(^^;) そして宇田川先生がら電話が、、、 「うちの連載…

花子とアン第75回 カフェーの紳士の正体は、、、そして兄やんの任務とは、、、

ちょっこし、あらすじ 朝 猫。 今日の朝食のおかずは焼き魚です。 かよちゃんはピンクで、はなは紫、彩りが良いですね。英英辞典越しの、 「おら、あの人はやめた方がいいと思う」 秘密を知っているかよちゃん。 「ふられただよ」やっぱり顔は白い方がいいで…

花子とアン第70回 再会そして、、、ブルジョアか、、、 宮本龍一役は中島歩さん

ちびっとあらすじ 再会 くるくる、からの、、、 「ごきげんよう♪」 蓮さま、東京に来るようです。 十年ぶりに腹心の友と再会です。 「ごきげんようか、、、お前のそげな、ごきげんさん、な声は久しぶりに聞いたばい」 伝助、、、ごちそうさんを思い出すぢぁ…

花子とアン第68回 宇田川満代(山田真歩)、再び登場! そして「逢引」

はな、後悔 「あなたには翻訳の才能があるのに、残念です」 村岡印刷さん、悲しそうです。 次の朝、はなは何も覚えていないようです。 はなはかよちゃんから昨日のことを聞いて後悔します。 かよちゃんの家、二階建てなんですね。 宇田川満代、再び登場! 聰…

花子とアン第60回 おお、出ました!

ちびっとあらすじ おお、出ました、宇田川満代先生! 着物が風呂敷のようです。 眉毛濃いです。 インパクト大です。 はなは東京に物語の売り込みに来ました。 「こっちは命がけで書いてんのよ。田舎教師の趣味と違うの」 しかし、人気作家になった宇田川満代…

花子とアン第48回 村岡英治(鈴木亮平)は犯人じゃない!? 

ちびっとあらすじ 葡萄酒の思い出 はなは久しぶりに東京に来ています。雑誌に応募したはなの童話が入賞、その授賞式典のためです。(なぜか通販番組的な音楽) 受賞したのははなと宇田川満代(山田真歩)。宇田川満代は強烈な個性を発揮しています。はなは久…

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話