読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

宮本龍一

花子とアン第156回(最終回) 日本中にアンの腹心の友ができますように

居間 「敗戦後、私は筆を折っていたのをご存知?」 「ええ、、、」 「何を書くべきかわからなくなってしまったの。 7年間も、宇田川満代はがらんどうだった。 その私が、また書けるような気がするの、、、 ありがとう」 「宇田川先生、、、」 「あなたじゃな…

花子とアン第139回 醍醐さんシンガポールへ そして龍一も、、、 さらに雪乃役の壇蜜さんが再登場

太平洋戦争開戦 花子49歳。 太平洋戦争の開戦を機に、花子は9年間続けた、ラジオのおばさんを辞めました。 そして、日本とカナダは敵対する関係になったのです。 昭和16年、開戦直後は日本中が勝利を確信し、大きな興奮に包まれておりました。

花子とアン第136回 I HAVE a book to give you.

ちょっこしあらすじ JOAK 1939年(昭和14年)初夏 花子はラジオの仕事を続けています。 廊下を歩く女性、、、 宇田川満代先生です! ラジオから流れる花子の声に足を止める宇田川先生。 「あいかわらず生ぬるいわね」 宇田川先生の言葉に、へつらう漆原部長。…

花子とアン第134回 守るべき人がいる

夜 吉太郎のことを英治に話す花子。 「なにか言えない事情があるんじゃないかな?憲兵の任務上のことじゃないのか?」 花子は蓮子が、龍一様子がおかしいと言っていた話を思い出します。

花子とアン第123回 JOAK東京放送局であります 「こどもの新聞」第一回放送 

村岡家 花子がラジオ局から帰って来ました。 英治がラジオを組み立てています。 「てっ!ラジオ、、、」 花子、うんざり顔です。

花子とアン第120回 愛の革命 [Hanako and Anne #120 - Love Revolution]

ちょっこし、あらすじ / Storyline 1926年(大正15年)12月 / December 1926 花子、33歳。 「王子と乞食」が世界家庭文学全集に掲載されることになりました。 「5歳の誕生日を前にしてこの世を去った歩は 私の心に、母性と言う火を灯してくれた天使でした。 …

花子とアン第104回 「女は弱し、されど母は強し」 かよと郁弥の恋の行方は?

ちょっこし、あらすじ 葉山家 「純平、お父様が付けてくださったのよ。素敵な名前ね」 純平は連れ去られてしまいます。 純平が生まれたことに感謝する蓮子。 花子は龍一が弁護士の勉強を頑張っていることを伝えます。 「女は弱し、されど母は強し、よ。もし…

花子とアン第103回 末代までも一言の弁明も無用!

ちょっこし、あらすじ 葉山家 静かに座る蓮子。 「私だって本当はこんなことしたくないんですよ」 伯爵妻の園子が蓮子の髪を掴み、、、 ザク! それを恐ろしい形相で見つめる伯爵。 生まれてくる子供を守るためなら、何も恐れない、自分はどんなはずかしめで…

花子とアン第101回 レンコサンケヅク

ちょっこし、あらすじ 村岡家 にらみ合う伝助と龍一。 席をはずそうとする英治。 「村岡しゃん、おっちゃれ。二人だけになったら、俺はこの男を、殺すかもしれんんき」 そして伝助に家に来た理由を聞く英治。 蓮子の居場所を花子に聞きに来た伝助。

花子とアン第100回 蓮子に新しい命 龍一に飛びかかる伝助

ちょっこし、あらすじ 龍一の部屋 歩をれ蓮子と龍一に見せる花子 「はなちゃん、私も新しい命を授かったの。何があってもこの子を守るって、龍一さん言ってくれたの」 「おめでとう!」 「ありがとう、元気な赤ちゃんを産むわ」 なんと蓮子のお腹には新しい…

花子とアン第96回 絶縁状 こげなもん!

ちょっこし、あらすじ 朝 「蓮さま、ゆうべどうしたんだろう?東京にいるのに連絡もくれないなんて」 蓮子を心配する花子。 「蓮子、ここに来ちょらんだろか?」 村岡家を尋ねる伝助。 「蓮子~!」 発狂し村岡家を探し回る伝助。 「石炭王の嘉納伝助ともあ…

花子とアン第95回 駆け落ち 白蓮事件

ちょっこし、あらすじ 福岡 机の上に並べられた宮本龍一からの手紙。 蓮子はそれをしまいます。 ついに3日後に駆け落ちの実行です。 東京、花子宅 お父とお母は甲府に帰っていきました。 花子たちは親子水入らずに静かな生活に戻りました。 翻訳をしながら子…

花子とアン第93回 花子、おめでた! 伝助、安産祈願!

1921年(大正10年)、夏 甲府で祝言を挙げてから1年半。 「いい天気だね~」 安東はな改め、村岡花子です。お腹なでなで。 あら?もうおめでたですか?(美輪先生) 表札を磨く花子。 「花子、ふふふ」

花子とアン第88回 かよちゃんと武 クリスマス會 決闘?

ちょっこし、あらすじ かよ!全員かよ! なんちゃって~ チャンチャン というわけでかよたん、カフェーのクリスマスパーティーに10人呼ばなければならないようです。 「ふんだけんど、おら、東京に知り合いなんていないし(T_T)」 かよたん、かわえ~。「どう…

花子とアン第81回 手紙 死ぬのを待たれるのは嫌なの

ちょっこし、あらすじ 次の日の朝 (M-09 わるいゆめ)「安東君、まだ終わってないの!?」 青ざめる須藤さん。 はな、校正が終わっていません。 はなは寝てしまったようです。 全員で手分けして校正をします。 校正 - Wikipedia はな、心ここにあらず。

花子とアン第77回 「サイダーは、夢の水たい」 石炭王、伝助しゃんはサイダー好き

ちょっこし、あらすじ ドミンゴ サイダー、ゴクリ。 心臓、バクバク。 はなちゃん、ごまかし切れるのか? 「サイダー、お好きなんですか?」 「サイダーは、夢の水たい」 伝助しゃんもサイダー好きなんですね。 あっさりごまかせました(^^;) はなちゃん、Good…

花子とアン第76回 憲兵吉太郎の任務

ちょっこし、あらすじ ドミンゴ 吉太郎の肩越しに、蓮子の話をする宮本龍一。 じっと聞き耳をたてる吉太郎、、、 (M-23 Scandal) うーむ、甲府連隊の憲兵の兄やんがなぜここへ? 謎ですが、宮本龍一を監視していることは間違いないですね。

花子とアン第74回 道ならぬ恋 勿忘草(わすれなぐさ)

ちょっこしあらすじ 朝 かよちゃん、今日はオレンジですね。 英英 辞書見切れ。 「忘れてください」 はなは、英治の言葉が忘れられません。

花子とアン第70回 再会そして、、、ブルジョアか、、、 宮本龍一役は中島歩さん

ちびっとあらすじ 再会 くるくる、からの、、、 「ごきげんよう♪」 蓮さま、東京に来るようです。 十年ぶりに腹心の友と再会です。 「ごきげんようか、、、お前のそげな、ごきげんさん、な声は久しぶりに聞いたばい」 伝助、、、ごちそうさんを思い出すぢぁ…

花子とアン第67回 痛い言葉 (宮本龍一役の中島歩さん初登場)

1919年(大正8年)春 東京・銀座 はな25歳 はなは東京で働くことにしました。 かよちゃん、字がうまいです。 はなはカフェーに入りました、、、 あ! かよちゃんカフェーの女給さんになっています。 「ご注文はブラジル珈琲でよろしいですか?」 ワールドカ…

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話