朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

花子とアン第148回 朝市からの電話 吉太郎の消息

花子とアン第148回 朝市からの電話 吉太郎の消息

村岡家

「こちらは?」

Anne of Green Gables、直訳すると、緑の切妻屋根のアン、です」

「誰の作品?」

「カナダのルーシー・モード・モンゴメリです」

梶原は小泉に勧めます。

「社長と相談してみます」

「はい、よろしくお願いします」

嬉しそうな花子。

続きを読む

花子とアン第147回 どうか、幸せになって下さい 街に消える吉太郎

花子とアン第147回 どうか、幸せになって下さい 町に消える吉太郎

宮本家

「お願い、純平を、、、」

花子は蓮子に歩み寄ります。
しかし、花子を突き飛ばす蓮子。
そして花子につかみ掛かる蓮子。

「あなたのせいで、あなたのせいで純平が!」

「蓮子、よさないか!純平が死んだのは、花子さんのせいなんかじゃない、戦争のせいだ!」


龍一が止めます。

「花子さん、すいませんが今日はお帰り下さい」

言葉もでない花子。

続きを読む

花子とアン第146回 悲しい友との再会

花子とアン第146回 悲しい友との再会 蓮子

度重なる空襲で東京は焼け野原に。
そして、86日広島、9日長崎。

 

1945年(昭和20年)815

ラジオの前に、姿勢を正し真正面を見て正座をする、村岡家、益田家、かよ。

 

玉音放送

朕(ちん)深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑(かんが)み、非常の措置を以て時局を收拾せむと欲し、茲(ここ)に忠良なる爾(なんじ)臣民に告ぐ。朕(ちん)は、帝国政府をして米英支蘇(べいえいしそ)四国に対し、其の共同宣言を受諾する旨(むね)通告せしめたり。

 

朕:私、天皇
鑑み:照らし合わせて
爾:あなた方
米英支蘇:米国、英国、支那(中国)、蘇連(ソ連)
共同宣言:ポツダム宣言

 

「どういうことなの?」

「戦争が終わったんだ。日本は負けた」

続きを読む

花子とアン第145回 曲がり角の先

花子とアン第145回 曲がり角の先

空襲後の朝

花子たちが自宅に戻ってくると、工房の青凛社は焼け落ちていました。
家にいた旭と英治が駆け寄ります。

「みんな無事でよかった、恐ろしかっただろ。かよさんは?」

かよは戻っていません。
花子はかよを心配します。

続きを読む

花子とアン第144回 武運長久を祈っています

花子とアン第144回 武運長久を祈っています 蓮子

宮本家

純平が戻って来ました。
仏段に手を合わせる純平。

蓮子は純平が今どこに所属しているのかを尋ねます。
しかし、純平は軍規ということで答えません。

純平は今晩一晩泊まって明日の午後戻るようです。
喜ぶ蓮子。

龍一からの連絡を気にする純平。
蓮子は夕飯は何がいいか純平に尋ねます。

「お母様の作るものであれば、何でも」

お世辞に喜ぶ蓮子、、、

続きを読む

花子とアン第143回 本当のお母様 命よりも大切なもの

花子とアン第143回 本当のお母様 命よりも大切なもの もも 美里

空襲後

玄関の前に立つ花子ともも
英治と旭が戻って来ます。
安心する花子ともも。

かよの店も大丈夫なようです。

続きを読む

花子とアン第142回 美里の涙の訳 花子がジフテリアに、、、

花子とアン第142回 美里の涙の訳

1944年(昭和19年)9

学校から帰って来た美里と直子は顔がまっ黒です。
どうやら農家の手伝いをしてきたようです。
笑顔の直子ちゃん。
しかし美里ちゃんはなぜか暗い表情です。

続きを読む

花子とアン第141回 ああ、うめ~ ヤメちゃあ! 徳丸さんとお父やんは今日も平和です

花子とアン第141回 ああ、うめ~ ヤメちゃあ!
徳丸甚之助 安東吉平

村岡家玄関

シンガポールから帰って来た醍醐さん。
リボンはもうありません。
涙ぐむ醍醐さん、戦地を見ずに帰って来たようです。

「でも、戦争がどういうものなのか、少しわかった気がするわ。

死って、遠くにあると思っていたけれど、すぐ隣にあるものなのね」

言葉を返せない花子。

続きを読む

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話