朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

花子とアン第48回 村岡英治(鈴木亮平)は犯人じゃない!? 

夢

ちびっとあらすじ

葡萄酒の思い出

 はなは久しぶりに東京に来ています。雑誌に応募したはなの童話が入賞、その授賞式典のためです。(なぜか通販番組的な音楽)

 

 受賞したのははなと宇田川満代(山田真歩)。宇田川満代は強烈な個性を発揮しています。はなは久しぶりの都会の空気に少し気おくれしています。それを見ていた村岡印刷の村岡英治がはなに「葡萄酒」を持って乾杯しに来ました。しかしはなには「葡萄酒」には苦い思い出が、、、

 そこへやって来たのは何とあの醍醐さん(高橋 臨)。醍醐さんは村岡に、はなが葡萄酒で退学になりかけたことをばらしてしまいます。気まずい表情のはな。村岡はその場を離れてしまいます。

 

 するとそこへ花束を持った女性が、、、。

「て!かよ?どうしてここに?」

それは妹のかよ(黒木 華)でした。醍醐さんが知らせてはなを祝いにやって来たのでした。みちがえるような姿のかよ。あのボロボロだったかよとは想像がつきません。奉公先のおかみさんに綺麗な着物を貸してもらったようです。

 

 醍醐さんとかよは、はなに小説家として活躍するように勧めますが、そこへ編集長の梶原が、、、。そして梶原はきっぱりあきらめるよう、はなに言います。ショックなはな、、、。

 

犯人は、、、

 授賞式の後、醍醐さんと話すはな。ふとつぶやきます。

「最初で最後だから、花子という名前で載りたかったな、、、」

すると、醍醐さんから衝撃の言葉が、、、

「それ、入稿するときわたくしが本名に直したの」

なんと醍醐さん、気を利かせすぎで「花子」を「はな」に直してしまったのです。犯人は醍醐さんだったのです!(醍醐さーーん、駄目じゃないですか、勝手に直しちゃ・・・いや、待ってください?これはこれで蓮子さまが気付くことになるから、ナイスなおせっかいかも)

 

 はなは村岡に酷いことを言ってしまったと村岡を探しますが、村岡はもう帰ってしまったようです。困っていると、村岡が忘れた帽子を取りに帰ってきました。

「ごめんなさい」

はなは村岡に謝ります。村岡ははなに「花子」にこだわる理由を尋ねます。

「花子は私の夢なんです」

はなは理由を村岡に話します。そしてあーだこーだパルピテーション的なことがありまして、村岡は英文の翻訳を続けるよう励まし、式場をあとにします。


「ごきげんよう、さようなら」(はな)
「ごきげんよう、さようなら」(村岡)

ごきげんよう、さようなら(天の声)

 

 

鈴木亮平さん、カッコよす。

次週、第9週は「はな、お見合いする」です。

次週の予告はこちら。
http://www.nhk.or.jp/hanako/#trailer

 

それでは、
ごきげんよう、さようなら

   

Hello

Hello

  • 絢香
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話