朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

花子とアン第65回 一生懸命やって勝つことの次にいいことは、一生懸命やって負けることだ

「一生懸命やって勝つことの次にいいことは、
一生懸命やって負けることだ」
朝市
(「花子とアン」より)

ちびっとあらすじ

仲直り

 お父やんがお爺やんに「たんぽぽの目」を読んであげていると、
お母やんが帰ってきます。
でもお父やん、まだ許してもらえません。

そしてお父の女、なぜか小学校に現る!(なんで?)

サダは嘘をついたことを白状しました。
(サダさん、さんざんひっかき回してサラッと去って行くのですね、、、)
はなは、家に帰るとその話をお母にします。
そしてお父やんはサダに話したそうです。

「うちのやつに、表側の富士山を見せてやりてえ。オレの故郷の景色を見てもらいてえ」

お母は教会の本の部屋へ走ります。

「何べん言ったら分かるだ。こっちが表で、あっちが裏だ」

お爺やんのこだわりです。

そしてお母とお父、めでたく仲直りです。

 

お爺やんとはな

ん?お爺やん、声かれてます。
お爺やんは、はなの小さい時の話をします。
お爺やん、はなに言います。

「はな、見っけた夢は、夢中になって追っかけろし。この手で、、、わしらの作れんもの作ってくれっちゃ。たんぽぽの目、爺やん、でえ好きじゃ」

はなの頭を優しくなでるお爺やん。

童話「たんぽぽの目」は、このように終わっています。

「おとうさんは、やさしく百合子のあたまをなでました」

 

次の朝、

みんな出かけてしまいました。
お爺やんひとり。
初雪。

「まだまだと、思い過ごしおるうちに、はや死の道へ向こうものなり 周座衛門」

ああ、、、お爺やん、、、逝かないでください(T_T)

 

はなの決心

お爺やんの残した言葉で、はなは夢を追い求める決心をしたようです。

教会の本の部屋で、はなは、朝市に東京へ行くことを相談します。
朝市は、はなに東京へ行くことを勧めます。

「一生懸命やって勝つことの次にいいことは、一生懸命やって負けることだ」

朝市、Good Job!

ちなみにこの朝市の言葉ですが、「Anne of Green Gables(赤毛のアン)」の中で、Anneがこのように言っています。

"Next to trying and winning, the best thing is trying and failing."

「赤毛のアン」へのオマージュですね。
こちらの本の209ページに載ってました。

赤毛のアンのおしゃべり英語レッスン

 

 

それでは今日はこの辺で、
ごきげんよう、さようなら。

  

赤毛のアンのおしゃべり英語レッスン (これ一冊でできるわかる)

赤毛のアンのおしゃべり英語レッスン (これ一冊でできるわかる)

 

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話