朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

花子とアン第115回 海水浴 てるてる坊主 雨 雲 虹

花子とアン第115回 海水浴 てるてる坊主 雨 雲 虹

ちょっこし、あらすじ

1926年(大正15年)8

村岡家なぜかてるてる坊主を作っています。

「歩ちゃん、お爺やんとお婆やんがきてくれたよ」

吉平とふじが東京にやって来ました
スイカ、黒いです。

どうやら家族で海水浴に行くようです。
歩は青と白の縞々の水着を早くも着ています。

  

てっ、ザアザア降りですか、、、(美輪さん)

雨空を見上げる村岡家。

「歩ちゃん、海水浴はまた今度ね」

「やーだー、みんなで海に行くんだもん」

「雷はなってるし、海は荒れてるだろう」

「今日は諦めよう、歩」

「やーだー、みんなで海水浴するんだもん」

泣き出す歩。

「やりましょう、海水浴」

「え?お母ちゃま、ホント?」


はい、というわけで自宅でお弁当を広げます。
むむむ、想像のツバサですか?

 

想像のツバサについてはこちらもどうぞ!
花子とアン第44回 想像のツバサ - 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

 

花子はありったけの想像のツバサを広げて海を想像します。
でも歩は乗って来ません。
吉平と英治が畳の上で海水浴のまねです。

でも歩は想像できません。
歩はへそを曲げてしまします。
ダーリングボーイは困りましたね。

「まあ、畳を海だと思えと言う方が無理があるな」

歩は部屋に閉じこもり。
花子はスイカをパクリ。

 

宮本家

蓮子さん、執筆中。

「お母さま、ただいま」

「おかえりなさい、棚におやつが入ってますよ」

純平くんはいいこですね~。
浪子さんが純平くんに手お洗うように躾します。

 

純平の生まれた時を聞かれ、蓮子は困ります。

 

 

村岡家

歩はへそ曲げ中。
花子はお話をします。

 

今日のようにある暑い夏の朝のことです。
小さなひとひらの雲が海から湧き上がって、青い空の方へ元気よく楽しそうに飛んでいきました。
ずーっと下の方には下界の人間が、汗を流しながら、真っ黒になって働いていました。
雲は思いました。

「どうにかして、あの人たちを助ける工夫は無いのだろうか?」

こちらは空の下の世界です。
あんまり太陽の光線が強いので、人々は時々空を見上げたは、雲に向かって、

「ああ、あの雲が私たちを助けてくれたらなあ」

というような様子をいたしておりました。

 

「さあ、雲はなんていったと思う?」

「助けてあげるよって」

「そうね。でも雲は、人間の世界に近づくと消えてしまうの」

「消えちゃうの?」

「それでも雲は勇ましくこう言ったの」

 

「下界の人たちよ、私は自分の体にどんなことが起きてもかまわない。
あなた達を助けよう。
私は自分の命を、あなた達にあげますよ」

下へ下へと、人間の世界に下っていった雲は、とうとう、涼しいうれしい、夕立の滴となって自分の体をなくしました」

 

「ほら」

英治は歩に自分の描いた絵を渡します。
花子は雨のありがたみを歩に話します。
雨のことを考え直す歩。

なるほど~。

 

居間

「雲はね、雨を降らせて消えちゃった後、虹になるんだよ!」

「てっ、ほうね!」

「お別れに、お空の虹になったんだ!」

 

カフェータイム

お父やんとお母やんが店にやって来ます。
かよちゃん、コーヒーを入れます。

「こぴっと頑張ってれば、きっと郁弥さんが見ててくれる。ほう思ってるさ」

かよを見るお父とお母。

 

村岡家

梶原さんがが原稿を取りに来ています。

「この本の翻訳もお願いできないだろうか?」

VOICES OF THE BIRDS
Margaret E. Armstrong


10日で仕上げるよう頼まれる花子、、、
そこへ歩が水着を持ってきます。

10日でホントに大丈夫?」

「大丈夫です(早口)」

苦笑いの花子。


大丈夫でしょうか?(笑)

 

 

それでは今日はこの辺で、
ごきげんよう、さようなら。

 

 

記事一覧はこちら
記事一覧 - 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話