朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

花子とアン第120回 愛の革命 [Hanako and Anne #120 - Love Revolution]

花子とアン第120回 愛の革命 [Hanako and Anne #120 Love Revolution]

ちょっこし、あらすじ / Storyline

1926年(大正15年)12月 / December 1926

花子、33歳。

「王子と乞食」が世界家庭文学全集に掲載されることになりました。

 

「5歳の誕生日を前にしてこの世を去った歩は
私の心に、母性と言う火を灯してくれた天使でした。
歩はもういないけれど、私の心の火は消えません。
日本中の子供たちに、その光をと届けていくことが
私の願いです。」

 

Now, Hanako is 33.
"The Prince and The Pauper" is being published as a part of collect edition.

"Ayumu, he passed away before his fifth birthday, is my angel who lighted a fire called maternity on my heart. He has gone, but the fire never burn out. My wish is to send the lihgt to children all over the country."

  

カフェー タイム / Cafe Time

「醍醐さん、今日はまた一段とおしゃれですね」

醍醐さん、誰かとデートのようです。

えーーーーーーーーーーー!

 

"Ayako, You are more snazzy than usual today."
Ayako is going to date.
...Whaaaaaaaat!

 

「お呼び立てしておきながら、お待たせして申し訳ありません」

兄やんです!
醍醐さんと吉太郎は、いつの間にかパルピテーションの間柄に。

「あの煮物は、美味しかったです」

先日、醍醐さんが作って来たお弁当を褒める兄やん。

「ごめんなさい!」

実は、あのお弁当はほとんど畠山さんに作ってもらったもの。
えー!
醍醐さんも33歳。

「あ!でも、卵焼きだけは私が作りました」

 

"I'm so sorry for the delay even though I asked you to come."

Kichitaro appears.
They have had plpitation! But when?

"That tewed dish was delicious."

Kichitaro commends Ayako for her lunch she made the other day.

"I'm sorry!"

The fact is that Miss Hatakeyama made almost all of that lunch.
Oh, No!
Ayako is 33 too.

"Wait! Just the fried eggs are my handmade."

 


なるほど。
「卵焼き」についてはこちらもどうぞ!

I see.
You can find anothe "fried egg" story here!

花子とアン第116回 吉太郎に好意を持つ醍醐さん 鉱石ラジオ [Hanako and Anne #116] - 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

 

「あの卵焼きが、一番うまかったです」

兄やん、ナイスフォロー。
うれしい醍醐さん。

かよは二人を見て微笑みます。

 

"That fried egg was the best of all."

Good job, Kichitaro.
Ayako looks happy.

Koyo looks at them smiling.

 

宮本家 / At the Miyamotos

「王子と乞食」の巻頭にはこう書かれています。

我が「まぼろしの少年」歩の霊に捧ぐ

蓮子は、純平が生まれた時のことを、純平に話します

 

The begining of "The Prince and The Pauper" say follows:
Dedicated to the spirit of my dream boy, Ayumu.
Renko tells Junpei the episode of his birth..

 

実際の「王子と乞食」は1927年(昭和2年)10月15日に刊行されました。
箱入り、布張りのアールデコ調の装丁に、天金が施されていたこの本の巻頭に
「わが幻の少年道雄の霊に捧ぐ」
と、献辞が添えられているそうです。

Actual "the prince and the pauper" was released on Oct. 15, 1927.
It was decorated with deco fablic and gilt top, and a dedication was appended on top page like this:

Dedicated to the spirit of my dream boy, Michio.


アンのゆりかご―村岡花子の生涯より)

 

「蓮子さん、大変!」

何やら龍一がまた、演劇に熱を上げているようです。

 

"Renko, oh my gosh!"

Ryuichi seems to be wrapped in drama again.

 

村岡家 / At the Muraokas

台本の読み合わせ中。

かよ、花子、英治、蓮子、武、、、
てっ!武!?

 

「みなさん、セリフは覚えましたか?」

「完璧じゃん!」

武の台本はボロボロ。
相当読み込んできたようです。

台本のタイトルは、、、愛の革命

 

During read through of the script.

Kayo, Hanako, Eiji, Renko, Takeshi...
Wow! Takeshi!

"Hey guys, Do you remenber your part?"
"Perfect!"

Takeshi's script book has been tattered.
He seems to have read it well.

The title of the script book is... Love Revolution!

 

 

愛の革命 徳丸武

 

 

夕方 / Evening

「何でえ、急用て?」

兄やんがやって来ます。
武が演劇の口火を切ります。

「今日は重大発表があり、甲府からはるばるやって来ました、じゃん」

「重大発表?」

「はい」

醍醐さんに向かい、、、

「醍醐亜矢子さん、おらの嫁さんになってくりょう」

「まあ、嬉しいわ、武さん(棒読み)」

醍醐さんを凝視する兄やん。
茶演劇、続きます。

 

"What's urgent?"

 Kichitaro comes.
Takeshi gets the ball rolling.

"I have a significant statement today and that's way I'm here."
"A significant statement?"
"Yep."

Turns to Ayako and...

"Please marry me, Ayako."
"I'm happy to, Takeshi." (with wooden voice)

Kichitaro gazes at Ayako.
The burlesque show continues.

 

「醍醐さんのことを、必ず幸せにします、じゃん」

「武さん、幸せにして下さい(棒読み)」

全員一斉に兄やんを見ます(武以外)。

「、、、」

うつむく兄やん。
茶演劇、続きます。

 

"I'll bring Ayako happiness."
"Takeshi, please make me happy." (with wooden voice)

All of them look at Kichi (without Takeshi).

"..."

Kichi drops his eyes.
The burlesque show continues.

 

蓮子さん、台本を忘れて、熱演です。
宮本龍一脚本「愛の革命」ですからね。
しかし、結局うまくいきません。

醍醐さん、たまらず、

「私が好きなのは、吉太郎さんなんです!
吉太郎さん、私と結婚してくださいませんか?」

全員一斉に兄やんを見ます(武も)。

「いや、、、駄目です」

えーーーーーーーーーー!
醍醐さん、ショック!

 

家を飛び出す醍醐さん。
追いかける兄やん。

 

Renko perform enthusiastically leaving behind script
Because the title is "Love Revolution" writen by Ryuichi.
But somethig goes wrong.

Ayako cannot help saying...

"The one I realy love is Kichitaro! Kichitaro, Please marry me?"

Everyone looks at him.

"Sorry, I can't."

Whhhhhhhy?
Ayako gets shocked!

She runs out of home.
Kichitaro runs after her.

 

家の外 / Outside

醍醐さんを呼び止める兄やん。

「醍醐さん、話は最後まで聞いてください」

振りむく醍醐さん。

「自分も、あなたのことが好きであります」

「あ、、、まさか、、、」

「いえ、本当に結婚してほしいと思っておるのであります」

「吉太郎さん、、、」

陰で見ていた花子。
みんなのところに戻ります。
花子、まる!

 

Kichitaro calls and stops her.

"Ayako, please listen to what I want to say to the end."

Ayako turns around.

"I love you too."
"No, you don't."
"Yes, I'd absolutely like you to marry me."
"Kichitaro!"

Hanako was seeing them on the side.
She goes back to the room.
What she made with her hands is... a caircle! (which means success!)

 

花子 まる!

 

吉太郎は憲兵。
少し待ってほしいと醍醐さんに伝えます。

「いくらでも待ちます」

「よかった」

 

Kichitaro is a military policeman.
He ask Ayako to wait a while.

"I will wait as long as I can."
"I'm happy to hear that."

 

部屋の中 / Inside

「醍醐さ~ん、おらが嫁にもれえたかった~」

「武、何を言ってるで、、、筋書き通りじゃん」

「ほれと、これとは、ちごうじゃ~ん、、、」

 

吉太郎と醍醐、幸せになれるといいですね。泣くな、武。(美輪さん)

 

"Ayakoooo, I wanted to get married with her..."
"Takeshi, what are you saying. It has been done ad planed."
"It is defferent from what I wanted..." 

I hope Kichitaro and Ayako are happy. Don't cry, Takeshi. (Miss Miwa)

 

 

来週、第21週は「ラジオのおばさん誕生」です。

The of next week's program is "Birth of radio ma'am."

 

  

それでは今日はこの辺で、
ごきげんよう、さようなら。

That's all for today,
Gokigenyo, Sayonara.   

  

記事一覧はこちら
記事一覧 - 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話