朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

花子とアン第135回 二つの道

花子とアン第135回 二つの道

宮本家には深入りしないよう花子に忠告する英治。
美里の寝顔を見つめる花子。

 

JOAK

戦争のニュースを放送する花子。

  

宮本家

龍一に会えずに帰って来た蓮子。

「悪いのはお父様だ」

父を責める純平。

 

JOAK

「それではみなさん、ごきげんよう、さようなら」

放送終了後、黒沢に相談する花子。
これ以上、戦争のニュースを読みたくない花子。

「子供たちは、村岡先生の『ごきげんよう』を待っているんです。
『ごきげんよう』という先生の挨拶を聞くためにラジオの前に集まってくるんです。
こういう時だからこそ、僕は、村岡先生の『ごきげんよう』が、子供たちの心を明るく照らすのだと思います」

「黒沢さん、、、」

「どうか続けてください、お願いします」

 

書斎

子供たちからの手紙を読む花子。

 

村岡のをばさんへ

をばさん、ごきげんよう。
をばさんんはいつごはんを食べてゐるのですか。
わたしの家はご飯の時間にをばさんのラヂオをききます。
とても面白くて、たのしみにしています。

さちよ

 

蓮子からの電話を告げる英治

 

 

カフェー タイム

花子に謝る蓮子。
花子は蓮子の力になれないことを謝ります。

蓮子は龍一の様子を吉太郎に聞いてくれるよう花子に頼みます。
花子は承知します。
しかし龍一の行動が理解できない花子。

「でも、龍一さんは間違ったことはしていないわ」

蓮子は龍一をかばいます。
そして、花子のニュースを批判する蓮子。

「私は、戦地へやるために純平を生んで育ててきたんじゃないわ」

それを聞いて席を立つ男性客。

「はい、美味しいコーヒーを入れましたよ。お姉やんにはサイダー」

蓮子はかよに謝ります。。

「いいえ、どうぞごゆっくり。誰もいなくなったから、大きな声で話しても大丈夫ですよ」

優しく声をかけるかよちゃん。
花子は蓮子の不用意な発言を注意します。
蓮子の身を心配する花子。

しかし、蓮子は花子のニュースの危うさを訴えます。

「こういう時だからこそ、子供たちの心を少しでも明るくしたいの。
私の『ごきげんよう』の挨拶を待ってくれる子供たちがいる限り、私は語り手を続けるわ」

「そんなのは偽善よ。優しい言葉で語りかけて、子供たちを恐ろしい所へ導いているかもしれないのよ」

「そんな、、、」

世の中の大きな波に逆らえない花子。
蓮子は席を立ちます。

「私は時代の波に平伏したりしない、、、
あなたのように、卑怯な生き方はしたくないの」

「そう、、、わかったわ、、、」

生きる道が違ってしまった花子と蓮子。
二つの道に別れて行きます、、、


「さようなら」

「お元気で」

店を後にする蓮子。

 

 

二人の道はもう交わる事はないのでしょうか?

 

 

ごきげんよう、さようなら。

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話