朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

花子とアン第150回 目を閉じるお父  吉太郎と醍醐さん Hey, Mama-san!

花子とアン第150回 目を閉じるお父  吉太郎と醍醐さん Hey, Mama-san! 吉平

村岡家

電話をする花子。

「あの、、、ラジオ出演のお話、ぜひ受けさせてください」

微笑む英治。

 

甲府

野良仕事から帰ってくる吉太郎とお父。

「おけえり、ずっと待ってるだよ」

笑顔で迎え、戸を開けるお母。

醍醐さん ヨボヨボのおばあちゃんになってしまします


「醍醐さん?」



驚く吉太郎。
慌てて醍醐さんの前に正座します。

「醍醐さん、どうしてここに?」

「直接、吉太郎さんに、お伝えしに来たんです。
わたくしが、どれほど怒っているか。
すっと探してたんですよ!
心配で心配で、夜も眠れなくて」

謝る吉太郎。

「もうこれ以上、吉太郎さんを待っていられません!
これ以上待ってたら、ヨボヨボのおばあちゃんになってしまします。
わたくしも、吉太郎さんと一緒に、葡萄酒を作ります!」

「てっ!」

「て~~~ぇ」

「お父様、お母様、、、わたくしをここに置いてください!」

「あの、醍醐さん?」

「わたくし、帰れと言われても帰りませんから」

「あなたは、いつも肝心なことを、自分からどんどん先に言ってしまう!」

「ごめんなさい、わたくし、、、」

「お父、お母、おら、この人といっしょになりてえ」

醍醐さんに向き直る吉太郎。

「こんなボロ屋に、本当に来てくれるんですか?」

「はい、、、はい!」
嬉しい醍醐さん。
嬉しい醍醐さん。 

 

 

「てっ!吉太郎がやっとこさ結婚するだと!」

リンさん!あーあ、これはあっという間に、、、
微笑む吉太郎と醍醐さん。

 

1946年(昭和21年)1月、JOAK

花子が5年ぶりにラジオに出演する日。
黒沢が花子に挨拶します。
今はJOAKGSQの厳しい統制下です。

 

Se: Sergeant
H: Hanako
St: Staff
K: Kurosawa
Su: Superior

 

Se: Hey, Mama-san!
H: Mama-san?
Se: Today's copy. It's been censored so (inaudible)
H: Yes, I know.
Se: Wow, you only chibi but you can really speak English, huh? How about that?
H: Chibi...
Se: Don't (inaudible) any trouble.
...
Se: There's fine foutain pen. Can I have it?
St: It's my father's  memento...
Se: What was that? Did you hear what I just said? Who won the war?
H: Mister!
Se: Have You got a problem? Mama-san?
H: I believe that pen is the keepsake of his father. So give it back!
K: Muraoka-sensei...
H: Yes, Japan lost the war. But do you think that gives you the right to behave like this? You meet the woman for the first time and say "Hey, Mama-san!" You should be ashamed!
Se: Now, now, now...
H: Be quiet! You are a member of the occupation force. So act like one.
...
Su: (inaudible) the lady said. (inaudible) the gum now. Apologize, soon.
Se: (returning the pen) I sincerely apologize, ma'am.
Su: Wait for me out side. 
Se: Yes, sir.
Su: (inaudible) apologize for some of our man's rudeness. I'm sorry.
H: (bowing)
K: What did he say?
H: He said he apologized the rudeness of his man.
Su: You know, you almost like a Portia. Do you know (inaudible) Portia?
H: Yes, from William Shakespeare's "The Merchant of Venice."

 

Se: ヘイ、ママさん!
H: ママさん?
Se: 今日の原稿だ。検閲済みだから、勝手に変更するなよ。
H: 承知しています。
Se:  へえ、あんたそんなチビなのに本当に英語がしゃべれるんだな。
H: チビ、、、
Se: 問題起こすなよ。
...
Se: いい万年筆だな、くれよ。
St: この万年筆は父の形見で、あの、、、
Se: 何だ?言うことが聞けないのか?戦争に勝ったのは誰だ?
H: ミスター!
Se: なんだい、ママさん。
H: その万年筆はお父様の形見だそうです。返しなさい!
K: 村岡先生、、、
H: 確かに、日本は負けました。だからといって、そんな傍若無人に振る舞っていいと思ってるんですか?初対面の女性に、ヘイ、ママさんなどと言うのは失礼です!
Se: まあまあ、、、
H: 黙りなさい!どうか進駐軍として品位ある行動をして下さい。
...
Su: このご婦人の言うとおりだ。今すぐガムを捨てて謝罪しろ。
Se: (ペンを返しながら)申し訳ありませんでした。
Su: 退出しろ。
Se: はい。
Su: 部下の非礼を叔母詫びします。失礼しました。
H: (頭をさげる)
K: あの、何と?
H: 部下の非礼をお詫びします、とおっしゃっています。
Su: あなたはまるでポーシャみたいだ。ポーシャを知っていますか?
H: はい、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」ですね

 

 

ポーシャとはシェイクスピア喜劇『ベニスの商人』のなかで、夫の親友を助けるために男装して法廷に立ち、縦横な機知で、悪だくみをする商人シャイロックに勝った人物。
実際の村岡花子さんは、長年親しくしていた友人の夫がGHQに闇市で摘発された時、法廷で弁護を英語で行いました。その裁判の後、裁判長が花子さんに声をかけたそうです。

「あなたはまるでポーシャみたいだ。ポーシャをしっているか?」

アンのゆりかご―村岡花子の生涯 より) 

 

 

 

 

甲府

「そろそろ、はなのラジオが始まる」

寝床から起きるお父。

 

JOAK

「全国の皆さん、ごきげんよう、村岡花子です」

 

村岡家

「村岡さんは英語の翻訳家としてもご活躍ですが、どのようにして英語を学ばれたのですか?」

ラジオを聞く英治、美里、益田家。

「修和女學校で、、、」

 

闇市

「またラジオに出るなんて、みみずの女王も懲りないわね」

「またラジオに出るなんて、みみずの女王も懲りないわね」
宇田川先生!
お酒をゴクリ。


宇田川先生!
お酒をゴクリ。

 

宮本家

純平の遺影を前にラジオを聞く蓮子。

 

JOAK

「腹心の友が、翻訳の道へと進む勇気をくれたのです」

 

宮本家



「はなちゃん、、、」

 

JOAK

「では、最初に英語を教えて下さったのも、修和女學校の先生方ですの?」

「いいえ、私に最初に英語を教えてくれたのは、父です」

 

甲府

「てっ、おれのこんけ」

 

JOAK

花子は、お父が修和女學校への道筋を付けてくれたことを話します。

「東京へ向かう汽車の中で、父が英語を教えてくれました」

父に感謝する花子。

 

甲府

「はーなー、、、」

目を閉じるお父。

 

JOAK

「外国の言葉を知るということは、それだけ多くの心の窓を持つということです。
戦時中はその窓も閉ざさなければいけませんでした。
さあ、心の窓を大きく開けて、一歩を踏み出しましょう。
それぞれに、戦争のむごさや、家族を失う悲しみを経験をしましたが、勇気を出して歩いていけば、その先にはきっと、一番よいものが待っていると、私は信じています」

 

甲府

目を閉じて動かないお父、、、

「あんた、、、あ、」

 

花子の声を聞きながらお父は、、、

花子の声を聞きながらお父は、、、 お母 吉平 ふじ

 

 

来週、最終週は「曲がり角の先に」です。

 

それでは今日はこの辺で、
ごきげんよう、さようなら

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話