読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

マッサン第3回 ワタシ、ガンバル!

マッサン第2回 ワタシ、ガンバル!マッサン第2回 ワタシ、ガンバル! エリー シャーロット・ケイト・フォックス

朝食

エリーは初めての日本の食卓。
しかしエリーのお膳はありません。

マッサンとエリーは部屋に戻ってしまいます。

エリーたちはスコットランドでも日本も祝福されません。
悲しい顔のエリー。

 

「どんなに頑張ってもあなたは日本人にはなれないのよ」

エリーは自分の母親の言葉を思い出します。
マッサンはエリーに言います。

「わしが必ず嫁として、認めさせてみせるけん」

「ホント?」

「エリーはなーんも心配せんでええ」

マッサンはエリーを抱きしめて安心させます。

 

亀山酒造の前の道

エリーは歌を歌いながらお掃除。
島爺が打ち水にやって来ます。

「ウチ、ミズ?」

エリーも打ち水をします。
島爺とエリーがひしゃくの取り合いになって、そこへマッサンのお父さんが、、、
エリーはお父さんに水をかけていまいます

 

政春の父、亀山政志。
前田吟さんが演じています。
前田吟さんは1944年生まれの70歳、山口県出身、マエダ企画所属。

 

田んぼ

お父さんは田植をしています。
マッサンのお父さんは亀山酒造の婿養子。
日本酒造りに没頭する毎日です。

マッサンがやってきてお父さんと三年ぶりの再会です。
マッサンとお父さんは話をします。
お父さんが言います、

「なんでウイスキーなんね?なんで日本酒じゃいけんのじゃ?」

お父さんは広島の柔い水でうまい酒を造る方法を築き上げました。
マッサンはお父さんのように新しいことに挑戦したいようです。

マッサンが初めてウィスキーを飲んだのは二十歳の時。
マッサンはウィスキーのうまさに驚きました。

スコットランドでウィスキー作りを学んで決心したようです。

 

台所

エリーは洗い物をしています。
マッサンのお姉さん、千加子がエリーに話しかけます。

 

E: This is so easy to use.

 

千加子は名前を教えてあげます。

「タワシ、タワシ、タワシ、タワシ、、、」

千加子はお母ちゃんが意地悪でなく、家を守りたいだけなのだということをエリーに話します。
千加子はエリーが理解できているのかどうか確認します。
エリーは、

「ワタシ、ハヤク、オカアサンニ、ミトメテモラエルヨウ、モットタクサン、ガンバリマス」

 

 

エリーはマッサンの小さいころの写真をみています。
エリーのお母さんの言葉をまた思い出します。
そしてマッサンの寝顔を見ながら、、、

「ワタシ、ガンバル!」

 

法事の日

エリーは初めての着物です。

「おう、よう似おうとる!」(マッサン)

 

E: Thank you.

 

マッサンは最初に和尚さんに認めてもらう作戦のようです。
和尚さんは街の長老で、お母ちゃんも頭が上がりません。
そして、エリーは日本の作法を練習します。

「フシュシュカ、、、」

さすがJOBK、おもろい(*´▽`*)
エリーは難しい日本の作法を頑張って練習します。
愛するマッサンと一緒に頑張ることはエリーにとってたまらなくし幸せな時間でした。

 

そして、初めての日本の法事です!

 

 

それでは今日はこの辺で、
ごきげんよう、さようなら

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話