読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

マッサン第14回 あかん、、、あかん!あかん、あかん、あかん!う~っ! 白井晃さん、バッファロー吾郎Aさん登場!

マッサン第14回 あかん、、、あかん!あかん、あかん、あかん!う~っ! エリー シャーロット・ケイト・フォックス

新居

優子さんが訪ねてきます。
優子さんは引っ越し祝いに目音茶碗を持ってきてくれました。
大作さんからエリーの事情を聞いた優子さん。

優子さんはマッサンのことはきっぱり諦めたようです。

「ノー!」

エリーは慌てて台所に戻ります。
お釜を開けると、炊いたお米はこげています。

「あかん、、、あかん!あかん、あかん、あかん!う~っ!」

また失敗ですね(笑)

  

住吉酒造

マッサンが日本の大麦でウィスキー造りを実験しています。
そこへ男性がやって来ます。

「仮に実験が成功しても、ウィスキー造りは始められへんで」

住吉酒造専務の矢口清です。

 

矢口清役は「白井晃」さん。
http://www.recon-office.co.jp/contents/profile/profile.html

 

専務は厳しい人のようです。
マッサンに実験は時間外にやるように言います。
それを諌める社長の大作さん。
専務は1週間以内に株主に提出する計画書を出すようにマッサンに言います。

「必ず提出します。誰に何と言われようが、わしゃウィスキーを造ります!」

マッサンを睨む矢口専務。
ここでもひと波乱ありそうですね。

 

エリーがお弁当を持ってきました。
しかしそのおにぎりは焦げています。
でもマッサンは美味しそうに食べます。
それを遠くから見る優子さん。

 

住吉家

エリーが優子を訪ねてきます。
エリーは優子にお米滝を教えてくれるように頼みに来たようです。
しかし優子さん、きっぱり断ります。
でも、、、

「はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても蓋とるな」

「はじめ、チョロ、、、チョロ?

 

Y: The heat is the secret. Hona!
E: The heat is the secret? What, what does, what does that mean?

 

 

亀山家

エリーはぶつぶつ言いながら帰って来ます。
すると家の前に男性が、、、
お巡りさんのようですね。
戸別調査をしているようです。

 

巡査役は「バッファロー吾郎A」さん。
http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=107

 

表札の名前を書きとめエリーに確認しますが、、、

 

E: Pardon me.

「文字、ヨメマセン」

 

巡査はエリーに、街の世話役キャサリンに挨拶するように勧めます。
教会に案内する巡査。
途中、子供に切られます。

「牢屋入れんぞ、ほんま!ね~」

 

教会

エリーが協会に入ると中で女性がオルガンを弾いて子供たちと歌を歌っています。
なぜか音痴です。
その女性は昨日、貸家を案内してくれた人。
女性がエリーに気付き、子供たちに挨拶をするように言います。

 

Children: Hello!
E: A-ha-ha! It's nice to meet all of you.

 

エリーはキャサリンと言う人はいるかと尋ねます。
すると、、、

「キャサリンさんは、、、あたし!」

何とその女性がキャサリンさんでした。
 

教会の牧師夫人キャサリン役は「濱田マリ」さん。
(昨日も紹介しましたが、、、)


「あなた、種子さんでしょ?」

エリーは大家さんから聞いた名前と違うことに疑問を持ちます。
キャサリンは夫がイギリス人の牧師で、自分はキャサリンと名乗っていることをエリーに伝えます。

 

E: So, you're just like me then?

 

キャサリンはエリーにhusbandwifeの日本語を教えてあげます。
しかし、husbandはキングでwifeはハウスメイドです。

 

E: No, that... No, that can't be (inaudible).

 

住吉酒造

マッサンは実験を続けています。

 

亀山家

夕飯を食べずにエリーはマッサンを待っているとマッサンが帰って来ます。
エリーはマッサンが王様で、エリーが女中かを訪ねます。
マッサンは、

「フィフティー、フィフティーじゃ」

エリーは安心します。
そしてエリーとマッサン、いちゃいちゃします。

 

 

仲いいですね!

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話