読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

マッサン第19回 マッサン、爆発シマセン!

マッサン第19回 マッサン、爆発シマセン!

亀山家

エリー、近所の人と井戸端会議です。
料理がうまくなったかと聞かれて、、、

「ぼちぼち、頑張ってます」

「ぼちぼちやって、一本取られたわ」

「習うより慣れろ。千里の道も一歩から」

「センリノミチ?」

 

エリー、日本語をどんどん覚えています。
マッサンに覚えたての日本の諺を披露します。

「七転びを、、、七転び、やお、、、」

「お?お?お?」

「おーきに!」

お礼を言っちゃいましたね(笑)

マッサン、今日は佐渡製作所へ。
ポットスチルの製造計画書の完成のようです。
銀行とお金の話もして、やっと夢が現実になりそうです。

「なら、今日の夜、お祝いじゃね」

「ほうじゃね」

「じゃね~」

広島弁と大阪弁がゴチャゴチャのような気もしますが、、、

 

佐渡製作所

マッサン、大作さん、専務、銀行の笹塚部長、そして佐渡さんが話しています。
ポットスチルの金額や置き場所、株主総会での承認など、専務が厳しい所をどんどん突いてきます。
笹塚部長と佐渡社長に頭を下げるマッサンと大作さん。

「日本での初めてのウィスキー、楽しみにしてるで」

佐渡社長は期待しているようです。

 

亀山家

キャサリンさん近所の人がエリーと井戸端会議です。
エリーに要らぬマッサンの浮気の心配をさせます。

「気抜いてると、男はすぐに爆発しよるから」

「マッサン、爆発シマセン!」

 

どこかの酒屋

爆発するワインの瓶。

 

住吉酒造

好子さんは大慌て。
鴨居社長から問い合わせの電話のようです。
そこへマッサンたちが帰って来ます。

 

鴨居商店

割れた瓶を見せられるマッサンと大作さん。
どうやら残留酵母のせいで瓶が爆発したようです。
しかしそれは他社のワイン。
でも鴨井社長は、「太陽ワイン」は大丈夫だと証明するようマッサンに詰め寄ります。

「頼んだで」

怖!

 

 

亀山家

慌てて帰ってくるマッサン。
資料を取りに来たようです。
すぐに会社に戻るマッサン。
会社に泊まるようです。
なぜかと問い詰めるエリーにマッサンは、

「あ~」

しか言いません。
そのまま会社に戻って行ってしまうマッサン。
ハグもアイラブユーもありません。
寂しいエリー、座り込みます。
そこへキャサリンさんが、、、

「やっぱり、怪しいな、、、」

またまたエリーに要らぬことを言うキャサリンさん。

「もしかしたら、どこぞのおなごと、、、」

「マッサン、浮気なんかしません!」

怒るエリー、キャサリンさんを追い出します。

「イッツ、ジョーク、、、ジャスト、ジョークやで」

キャサリンさんを睨むエリー。
そうは言うもののエリーは心配になります。

 

E: Everything is fine. It's fine...
(大丈夫。大丈夫、、、)

 

住吉酒造、ウヰスキー研究所
仕事をするマッサン。
修子さんが差し入れを持ってきます。
それも食べるマッサン。

そこへエリーがお弁当と着替えを持ってきました。
するとマッサンと優子さんがキスを、、、
エリーからはそう見えてしました。
動揺するエリー。

マッサンがエリーに気付きます。
エリーは荷物を渡して帰ろうとします。
しかし優子さんがエリーを夕飯に誘います。

 

住吉家

優子さんはエリーに誤解だと話します。
それどころかエリーはマッサンに頼られてると教えてあげます。

 

E: Really?

 

元気になるエリー。

そこへ大作さんと佳代さんが帰って来ます。
優子さんの見合い話を持ってきたようです。
笑顔の優子さん。

でもエリー、優子さんの笑顔にどこか不自然を感じました、、、

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話