朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

花子とアン第66回 一本道と曲がり角

一本道と曲がり角

ちびっとあらすじ

DREAM

甲府に初雪が降った日、お爺やんは眠るように亡くなりました。
お父やん、行商をやめてお百姓さんをするようです。

はなは、お父とお母に東京に行きたいことを告げます。
本気で夢を追いかけるようです。
本を作る仕事に就くようです。

「人生は足し算と思ってた、、、人生は引き算なのかもしれない」

これはどういう意味なんでしょうか?
はなは勇気を振り絞って前に進むようです。

「はながほうしてえなら、ほうしろし」

お母は笑って応援しました。
お母はいつも子供たちが自分で決めたことを、全力で応援してきましたね。

 

1919年(大正8年)3

はなが学校を去る日、
誰もいなくなった教室、
先生方が集まります。

「おまんはこの小学校の誇りじゃ!」

「校長先生、、、」

「元気で頑張れし!」

朝市、

「さいなら、安東先生。安東先生のことは、決して忘れんさ」

朝市は自分の気持ちを押し殺してはなを送り出します。
朝市、、、(T_T)
ごめんね、朝市、しかたないのよ。
代わりに私が謝ります。

 

お母の作ったほうとうは日本一です。
はなは泣きながらほうとうを食べます。

「うめ~、うめえな、、、」

うまいよね、うまいよね、なんも言わんでええよ、はな、、、(T_T)

 

一本道と曲がり角

そして一本道。
旅立ちはいつもこの一本道です。
そしてその先には曲がり角が、、、

今また、はなは新しい曲がり角を曲がろうとしていました。曲がり角の先には何があるのでしょう?(黄色い方)

 

"I shall give life here my best, and I believe it will give its best to me in return. When I left Queen’s my future seemed to stretch out before me like a straight road. I thought I could see along it for many a milestone. Now there is a bend in it. I don’t know what lies around the bend, but I’m going to believe that the best does."

 

source:
Anne of Green Gables
by Lucy Maude Montgomery
CHAPTER 38: THE BEND IN THE ROAD

 

 はい、ちょっと英語の解説です。
「花子とアン」に出てくる「一本道」とその先にある「曲がり角」は、「赤毛のアン」を読まれた方ならばピンと来るかと思います。

Anne of Green Gables」つまり「赤毛のアン」の原書には上のような場面が出てきます。アンがレドモンド大学に行くのを止め、グリーンゲーブルで一緒に住むことをマリラに伝えた場面です。
最近読んでるこちらの本、赤毛のアンのおしゃべり英語レッスン 228ページに載っていたのでご紹介します。


 I shall give life here my bestの助動詞shallは「進むべき道」(参考:一億人の英文法 P350)。助動詞は話し手の感情を表すものです。なにか強い意志が感じられますね。でもshallはちょっと古めの表現。現代的にはI will~ですかね。


 そしてこの文は授与型(参考:一億人の英文法 P77)。

give(動)+  life here(目A) +  my best(目B)

life here「人生(ここでの)」にmy best「わたしの最善」を与える。訳さない方がいいですけど、つまり「ここで精いっぱい生きる」ということですね。

 そして、「アンの前にはa straight roadのように未来が伸びているようだった。でも今はそこにa bendが有り、そのthe bendのまわりにはthe bestlieしている(横たわっている)と信じる」とアンは言っています。

 

「花子とアン」でたびたび出てくる「一本道」と「曲がり角」。今日の最後でも、はなが東京へ新たな一歩を踏み出す、その「一本道」の先の「曲がり角」がちゃんとパーンされていましたね。

曲がり角の先は見えません。ですが、はなの「曲がり角」のその先には必ず、

THE BEST

が待っていることでしょう。

 

来週、第12週は「銀座のカフェーで会いましょう」です。
来週の予告はこちら
http://www.nhk.or.jp/hanako/#trailer

 

それでは今日はこの辺で、
ごきげんよう、さようなら。

  

 

赤毛のアンのおしゃべり英語レッスン (これ一冊でできるわかる)

赤毛のアンのおしゃべり英語レッスン (これ一冊でできるわかる)

 
赤毛のアン

赤毛のアン

 
一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話