朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

マッサン第20回 エリー、人間、LOVEだけでは生きていかれへんねや 「ゴンドラの唄」を歌う優子さん

井戸端 エリーは井戸端会議です。 キャサリンさんや近所の人に、お見合いのことを聞くエリー。 結婚はLOVEが一番と思いきや、、、「エリー、人間、LOVEだけでは生きていかれへんねや」結論はやはり、MONEYですね。(有働アナ談)

マッサン第19回 マッサン、爆発シマセン!

亀山家 エリー、近所の人と井戸端会議です。 料理がうまくなったかと聞かれて、、、 「ぼちぼち、頑張ってます」 「ぼちぼちやって、一本取られたわ」 「習うより慣れろ。千里の道も一歩から」 「センリノミチ?」

マッサン第18回 Home! Sweet Home! 埴生の宿

夜 鴨居社長とハグするエリー。 ちょうど帰って来たマッサンと目が合います。 悲しげな目のマッサン。

マッサン第17回 あ~あ、私、奥さんだけ!ご飯作る、掃除、洗濯、あとずっとマッサン待ってる!

朝 マッサンを起こすエリー。 飛び起きるマッサン、慌てて仕度をします。 エリーはマッサンが仕事で忙しくて相手をしてくれない事が不満です。 「あ~あ、私、奥さんだけ!ご飯作る、掃除、洗濯、あとずっとマッサン待ってる!」 マッサンはエリーの話を聞く…

マッサン第16回 あ~!出来た!出来た!出来た!

新婚生活3日目 エリーは美味しいご飯作りを続けます。 マッサンはウヰスキー事業計画書を完成させます。 「出来たど~!」 エリーはお釜の蓋を開けます。 するとそこには綺麗に炊けたご飯が、、、 味見をするエリー。 「あ~!出来た!出来た!出来た!」

マッサン第15回 エリーの米炊き特訓 はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても蓋取るな!

朝 エリーがご飯を炊いていると玄関を激しく叩く音が。 エリーはマッサンを慌てて起こします。 「どちらさん?」 「わてや、鴨居や!」 玄関と思いきや、庭から入ってくる鴨居社長。 「えりーちゃん、グッドモーニング!」

マッサン第14回 あかん、、、あかん!あかん、あかん、あかん!う~っ! 白井晃さん、バッファロー吾郎Aさん登場!

新居 優子さんが訪ねてきます。 優子さんは引っ越し祝いに目音茶碗を持ってきてくれました。 大作さんからエリーの事情を聞いた優子さん。 優子さんはマッサンのことはきっぱり諦めたようです。 「ノー!」 エリーは慌てて台所に戻ります。 お釜を開けると、…

マッサン第13回 キャサリン役の濱田マリさん登場! ノースピロー、分かるか?

大阪へきて1週間 今日は新居へお引っ越し。 マッサンとエリーは家財道具を積んだ荷車を引いてすてきな洋館にやって来ました。 E: Massan! What a beautiful house! マッサンが家の中を見に行っている間、エリーは外で待っています。 そこへ子犬を抱えた男性…

マッサン第12回 スコッチブロス、味はPerfect! でもピンチ! そしてアホ!(涙)

庭 エリーが歌を歌いながら洗濯物を干していると、優子が通りかかります。 エリーは優子に夕飯を作らせてもらうように頼みます。 そしてエリーは夕飯を作ることになりました。

マッサン第11回 やってみなはれ! COMIN' THRO' THE RYE(故郷の空)

夜 ウィスキーの設計図を見るマッサン。 二年前、スコットランドでのことを想い出します。 雨の中、ロンモード蒸留所の前で働かせてもらえるよう頼み込むマッサン。 見かねた工場長が傘を差し出します。 そして蒸留所で働くマッサン。 エリーがランチを持っ…

マッサン第10回 デキタ、デキタ、デキタ! マッサン、すすり泣き

部屋 お箸の練習をするエリー。 お豆を一個お皿に、、、出来ました! E: Oh! Look at that! I did it! I did it! I did it! 「オオキニ、ネコ、チガウ、デキタ、デキタ、デキタ!」 エリーは思いました、優子さんは愛する政春さんのために頑張って来たんじゃ…

マッサン第9回 女難の相が出とる!

2階 マッサンとエリーは優子さんと佳代さんに謝りに来ました。 社長の大作さんから事前に話してもらっていると思っていたマッサン。 でもそうではないようです。 昨晩、大作さんは優子と佳代、二人の険しい顔に、何も言えなかったのでした。 「あかん、、、…

マッサン第8回 アホ! 鴨居欣次郎役の堤真一さん、初登場!

住吉酒造 マッサンのスコットランドかろの帰国を祝って歓迎会が開かれています。 マッサンはスコットランド、グラスゴー大学で学んだウィスキー作りを厚く語ります。 しかしみんなはエリーのスピーチを聞きたいようです。 エリーは心配顔です。 しかしエリー…

マッサン第7回 お箸 タブンネ、Homework 相武紗季さん(田中優子役)登場!

1920年(大正9年)朝 政春とエリーは大阪へ発つようです。 家族に挨拶をします。 エリーは早苗に向かってい言います。 「お母さん、私、頑張ります」 エリーは政春のいいお嫁さんになることを母、早苗に約束します。 エリートとは目を合わさずに黙って聞く早…

マッサン第6回 この手、離すなよ AULD LANG SYNE 蛍の光

マッサンの部屋 早苗はマッサンの子供の頃の話をします。 そして泣きながら訴えます。 「この国にいる限り、あんたは日本人になれん」 早苗は泣きながらエリーに国に帰るよう訴えます。 涙するエリー。 エリーはスコットランドを離れる時を思い出します。 泣…

マッサン第5回 政春と政志、白熱の相撲 

オメカケ? 居間でマッサンと早苗が話しています。 早苗はエリーをまだ認めようとしません。 家をとるか、エリーを取るか、マッサンに返答を迫ります。 マッサンもゆずりません。 結婚を認めてもらえないなら、全部捨てる覚悟です。 エリーは、、、

マッサン第4回 鬼の目にも涙 うちは許しません! あんたは出てってつかーさい!

1920年(大正9年) お爺さんの十七回忌 エリーのお披露目の日です。 マッサンがエリーを連れて広間にやって来ます・ しかし雰囲気が、、、 いろいろエリーの噂をします。 「コンニチハ、エリーデス」

マッサン第3回 ワタシ、ガンバル!

朝食 エリーは初めての日本の食卓。しかしエリーのお膳はありません。 マッサンとエリーは部屋に戻ってしまいます。 エリーたちはスコットランドでも日本も祝福されません。 悲しい顔のエリー。

マッサン第2回 私が日本についていく行く! 「蛍の光」は元はスコットランド民謡でした。

居間 お母ちゃんはマッサンに亀山酒造を注ぐことを求めます。 そしてお母ちゃんはエリーとの結婚を認めません。 マッサンはお母ちゃんを説得します。 エリーは訳が分かりませんが、お母ちゃんが怒っていることは分かります。

マッサン第1回 Ellie! This is the start of our new life! エリー情報満載です!

英語のセリフが出てきたのでちょっとだけやることにしました(^^) ストーリー 北海道 余市、1971年(昭和46年) スーパーエリー特別受賞祝賀式典 時代は50年後から始まりました。

花子とアン第156回(最終回) 日本中にアンの腹心の友ができますように

居間 「敗戦後、私は筆を折っていたのをご存知?」 「ええ、、、」 「何を書くべきかわからなくなってしまったの。 7年間も、宇田川満代はがらんどうだった。 その私が、また書けるような気がするの、、、 ありがとう」 「宇田川先生、、、」 「あなたじゃな…

吉高由里子さんがスタパに登場! 花子とアンとスタジオパークからこんにちは 第155.5回

オープニング 花子とアンとスタジオパークからこんにちは 第155.5回 「こぴっと 最終回みてくれちゃ!」 出演 吉高由里子 伊藤雅彦 清水ミチコ

花子とアン第155回 「赤毛のアン」がついに出版! しかし宇田川先生が、、、

書斎 花子は早速 ANNE OF GREEN GABLES の推敲を始めました。 コーヒーを持ってきた英治に花子が聞きます。 「ねえ、英治さん、カモメってどんな風に飛ぶと思う?」 「カモメ?」 花子は翻訳に迷っているようです。 「うーん、飛んでカモメって、漂ってるよ…

茂木健一郎さんがスタジオパークに登場! 司会は山田真歩さん(宇田川満代先生)!

オープニング 司会は宇田川満代先生、山田真歩さん

花子とアン第154回 お姉やんは美里ちゃんを心から愛してる 小鳩書房社長、門倉幸之助役の茂木健一郎さん登場!

ある日 小鳩書房の小泉が社長を連れてきました。 社長の「門倉幸之助」役は「茂木健一郎」さん。

花子とアン第153回 焼跡に 芽吹く木のあり かくのごとく 吾子の命の かへらぬものか  白蓮

宮本家 縁側で話す花子と蓮子。 「まさか、はなちゃんが来てくれるなんて思ってもみなかったわ」 花子は歩が亡くなった時の話をします。 「純平くんからも蓮さまのこと頼まれたの」 「純平がこんな私の姿を見たら悲しむわね」 頷く花子。 「そうよ、連さま」…

花子とアン第152回 My time has come at last. ついに私の番が来たの!

闇市 「そんなに慌てて食べなくても、誰も取らないよ」 二人の女の子は、姉の幸子と妹の育子。 小さいころを思い出すかよと花子。 かよは二人を優しく見つめます。

花子とアン第151回 大きく変わるかよの人生

甲府 お父の葬式で安東家、村岡家、木場家が集まっています。 お父の作った最後の葡萄酒を飲むお母。 「ごめんなって」

花子とアン第150回 目を閉じるお父  吉太郎と醍醐さん Hey, Mama-san!

村岡家 電話をする花子。 「あの、、、ラジオ出演のお話、ぜひ受けさせてください」 微笑む英治。

花子とアン第149回 おまんは、俺の誇りじゃん

甲府 吉太郎も一緒に家族で食事をしています。 お父が感慨深げに言います。 「ほれにしても、こうやってみんなそろって、うちい集まるの、何十年ぶりずら?」 「ここは、昔のまんまだな、、、」 吉太郎は天井を見上げます。

賀来賢人さん(兄やん、吉太郎)スタパに登場!

9月16日 (火)、「花子とアン」で吉太郎、兄やん役の「賀来賢人」さんが「スタジオパークからこんにちは」に出演されましたので、その様子をまとめてみました! スタジオ 司会は清水ミチコさん、伊藤雅彦アナウンサー 関東甲信越は地震速報のため、13時25分…

花子とアン第148回 朝市からの電話 吉太郎の消息

村岡家 「こちらは?」 「Anne of Green Gables、直訳すると、緑の切妻屋根のアン、です」 「誰の作品?」 「カナダのルーシー・モード・モンゴメリです」 梶原は小泉に勧めます。 「社長と相談してみます」 「はい、よろしくお願いします」 嬉しそうな花子。

花子とアン第147回 どうか、幸せになって下さい 街に消える吉太郎

宮本家 「お願い、純平を、、、」 花子は蓮子に歩み寄ります。 しかし、花子を突き飛ばす蓮子。 そして花子につかみ掛かる蓮子。「あなたのせいで、あなたのせいで純平が!」「蓮子、よさないか!純平が死んだのは、花子さんのせいなんかじゃない、戦争のせ…

花子とアン第146回 悲しい友との再会

度重なる空襲で東京は焼け野原に。 そして、8月6日広島、9日長崎。 1945年(昭和20年)8月15日 ラジオの前に、姿勢を正し真正面を見て正座をする、村岡家、益田家、かよ。 玉音放送 朕(ちん)深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑(かんが)み、非常の措置を以…

花子とアン第145回 曲がり角の先

空襲後の朝 花子たちが自宅に戻ってくると、工房の青凛社は焼け落ちていました。 家にいた旭と英治が駆け寄ります。 「みんな無事でよかった、恐ろしかっただろ。かよさんは?」 かよは戻っていません。 花子はかよを心配します。

黒木華さん(かよちゃん)スタパに登場!

オープニング 司会は戸田恵子さん、伊藤雄彦アナウンサー 「花子とアン」9月10日のVTR 「あたしんとって、この店は命よりも大切なもんだ」のシーン 黒木華さん登場!

花子とアン第144回 武運長久を祈っています

宮本家 純平が戻って来ました。 仏段に手を合わせる純平。 蓮子は純平が今どこに所属しているのかを尋ねます。 しかし、純平は軍規ということで答えません。 純平は今晩一晩泊まって明日の午後戻るようです。 喜ぶ蓮子。 龍一からの連絡を気にする純平。 蓮…

花子とアン第143回 本当のお母様 命よりも大切なもの

空襲後 玄関の前に立つ花子ともも 英治と旭が戻って来ます。 安心する花子ともも。 かよの店も大丈夫なようです。

花子とアン第142回 美里の涙の訳 花子がジフテリアに、、、

1944年(昭和19年)9月 学校から帰って来た美里と直子は顔がまっ黒です。 どうやら農家の手伝いをしてきたようです。 笑顔の直子ちゃん。 しかし美里ちゃんはなぜか暗い表情です。

花子とアン第141回 ああ、うめ~ ヤメちゃあ! 徳丸さんとお父やんは今日も平和です

村岡家玄関 シンガポールから帰って来た醍醐さん。 リボンはもうありません。 涙ぐむ醍醐さん、戦地を見ずに帰って来たようです。 「でも、戦争がどういうものなのか、少しわかった気がするわ。 死って、遠くにあると思っていたけれど、すぐ隣にあるものなの…

花子とアン第140回 平和か、、、戦争か、、、 そして醍醐さんが、、、

カフェータイム 花子は玄関に石を投げられた話をかよとももにします。 「石を投げられたのは、お姉やん達にも責任があると思うの」 かよとももはは、花子が周りからどう思われているのかを伝えます。 花子が英語の仕事をしている事で、近所からよく思われて…

花子とアン第139回 醍醐さんシンガポールへ そして龍一も、、、 さらに雪乃役の壇蜜さんが再登場

太平洋戦争開戦 花子49歳。 太平洋戦争の開戦を機に、花子は9年間続けた、ラジオのおばさんを辞めました。 そして、日本とカナダは敵対する関係になったのです。 昭和16年、開戦直後は日本中が勝利を確信し、大きな興奮に包まれておりました。

Hanako and Anne for 5 minutes - Week #23 - Encounter with Anne

Summer in 1938 The war with China is continuing and peoples have been forced to cooperate to military posture. Almost all of News that the Children News which hanako is in charge of broadcasts are the ones related to military.

花子とアン第138回 今日から、ラジオ放送の有り方は変わってしまう!

村岡家 (チャイム) ラジオの戦勝の臨時ニュースに湧く周囲。 花子はJOAKに向かいます。

花子とアン第137回 I WANT you to have it.

Anne of Green Gables 村岡家 H: Hanako S: Miss Scott H: Anne of Green Gables... S: It's a novel written by Canadian women, Lucy Montgomery. During my time here, this book has been very dear friend to me. H: I can't accept such an important …

花子とアン第136回 I HAVE a book to give you.

ちょっこしあらすじ JOAK 1939年(昭和14年)初夏 花子はラジオの仕事を続けています。 廊下を歩く女性、、、 宇田川満代先生です! ラジオから流れる花子の声に足を止める宇田川先生。 「あいかわらず生ぬるいわね」 宇田川先生の言葉に、へつらう漆原部長。…

花子とアン第135回 二つの道

夜 宮本家には深入りしないよう花子に忠告する英治。 美里の寝顔を見つめる花子。 JOAK 戦争のニュースを放送する花子。

花子とアン第134回 守るべき人がいる

夜 吉太郎のことを英治に話す花子。 「なにか言えない事情があるんじゃないかな?憲兵の任務上のことじゃないのか?」 花子は蓮子が、龍一様子がおかしいと言っていた話を思い出します。

Hanako and Anne #133 - Miss Blackburn to go home, the era to go into the one color.

Cafe Time Miss Udagawa enthusiastics to be a war correspondent. "To tell the truth, I have hoped to go to the field as embedded journalist if I have a chance." Ayako has wanted to confirm the truth firsthand. "It's natural as an author in …

花子とアン第133回 ブラックバーン校長、帰国へ そして時代は一色へ

カフェー タイム 従軍記者に燃える宇田川先生。 「じつは私も、機会があればペン部隊として戦地へ赴きたいと思っているの」 真実を自分の目で確かめたい醍醐さん。 「この戦時下において、表現者なら当然のことよ」 宇田川先生が割って入ります。長谷部先生…

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話