朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

花子とアン第89回 朝市の一途な想い 銀河の乙女と想像のツバサ

花子とアン第89回 朝市の一途な想い

ドミンゴ

「甲府にけえって来たとき、あの辞書を捨てようとしたです。

 

教会の回想

 

「ほんなでーじなもん、投げ捨てようとするなんて。

びっくりして止めました。
ほんときのはなは、おらが見たこともねえような、悲しい目をしてたです。
あの辞書をくれたあんたのこと、必死に忘れようとしてただと思います。
今は、元の明るいはなにもとっだみたいに見えるけんど、やっぱりおらには違って見えます。
いっくら明るく笑ってても、昔の屈託のないはなの笑顔とは違うです。
はなはきっともう、おらの知らんはなになっちまった。
あんんたのせいじゃないですか?」

 

(悲しい音がする)

 

「あんたも、はなのことが好きなら、はなの気持、こぴっと受け止めてやってくりょう」

「ちょっと待ってください。どうして僕にそんな事いうんですか?
あなたは、僕よりずっと彼女のことを分かっている。
朝市さんこそ、はなさんのことが好きなんじゃないですか?」

「はい、おらははなが好きです。
ボコの頃から、はなはすーっとおらのそばにいました。
いつか、おらの嫁さんになってほしいと思ってました」

「そんなに想っているなら、あなたが彼女と結ばれるべきだ」

「はー、まだわからんだけ?
おらじゃ駄目じゃ!
あんたじゃなきゃ駄目どう!」

(T_T)
席を立つ朝市

 

(M-32 もうひとつの家族)

「はなのこと、おねげえします」

ドミンゴを去る朝市。
寝たふりをして聞いている郁弥。

 

朝市、渾身の想いですな~(;_;)

 

 

 

次の日、ドミンゴ

カレーを食べる武と朝市。

「釣りはいらん。世話になったじゃん」

かよちゃんにチップを渡す武。
礼は言うが首を振るかよちゃん。

「ゆんべの朝市、うんとこさかっこよかったよ」

照れる朝市。
ドミンゴをあとにする朝市と武。
武、また来てくりょう。

 

聡文堂

はなに話があるという郁弥

 

夜、ドミンゴ

離婚のいきさつをはなに話す郁弥。
郁弥はどうしても英治とはなが一緒になることを許せない様子。
はなはその気持ちはないと郁弥に伝えます。

「村岡さんとは、いい仕事の仲間でいたいんです」

ドミンゴを後にするはな。
郁弥はどことなくスッキリしない表情。

 

村岡印刷

挿絵を描く英治。
(時計の音)

 

聡文堂

翻訳をするはな。
(時計の音)

 

次の日

挿絵を聡文堂に届ける郁弥。

「これは、はなさんよね」

「え?」

「だって、この女の子、想像のツバサを広げてる」

 

今日は金曜日。

 

それでは今日はこの辺で、
ごきげんよう、さようなら。

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話