朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

花子とアン第129回 命名、美里 てるてる坊主のテル

花子とアン第129回 命名、美里 てるてる坊主のテル

村岡家、居間

命名、美里

「美里、、、」

「ごきげんよう、美里ちゃん!」

 

美里

 

ももと旭の赤ちゃんは美里と名付けられました。

 

JOAK

1933年(昭和8年)冬
3ヶ月が過ぎました。

 

原稿を直す花子。
突然、漆原部長が原稿を差し替えます。
焦る花子。

「手直しせずに、そのまま読めばいいじゃないですか」

ニヤリと笑って出て行く漆原。
花子は急いで原稿の手直しをします。

 

本番

原稿を読む花子。
渋い表情の漆原。
黒沢に訪ねます。


「また原稿を直したのか」

「、、、はい」

漆原は花子を睨みます。

 

花子がラジオ局から帰って来ます。

「旭くんが倒れたんだ」

どうやら旭は結核のようです。
ももはしばらくの間、美里を預かってくれるよう、はなに頼みます。

 

 

昼間

翻訳をする花子。
美里が突然泣き出します。
そこへ英治が帰って来ます。

「美里ちゃん、今日はお友達を連れてきたよ」

子犬を拾って来た英治。

「名前、どうしようか?」

「テルばどう?泣いてた美里ちゃんの涙が、あっという間に晴れたから、てるてる坊主のテル!」

てるてる坊主のテル


村岡家に新しい家族が増えました。

 

犬小屋を作る英治。
お父とお母からの手紙を読む花子。

 

そこへももが訪ねてきます。
旭は転地治療をするようです。
ももは旭の看病に専念したい様子。

「旭さんが退院できるまで、美里をお願いできませんか?」

快く引き受けるはな。

 

「お姉やんにずっと謝りたかったことがあるの」

「え?」

ももは東京に来た時、はなに酷いことを言ったことを謝ります。

 

(回想)

「ごきげんようが、似合う人間と似合わない人間がいるんですよ」

「そうでしょうか?人生は、うまく行く時ばかりではありません」

、、、

「それではみなさん、ごきげんよう、さようなら」

(回想終り)

 

「あの時、お姉えやんの『ごきげんよう』って言葉が、スーっと心に入ってきて、おらまでここが温かくなった。

もも

ほれなのに、すっと素直に謝らなんで、ごめんなさい!」

 


「ううん、お姉やんこそ、ももの気持ちわかってやれなくて、ごめんね」

「お姉やん、おら、もうこれっぽちも自分をみじめだなんて思っちゃいんよ。
旭さんみたいな優しい人に出会えて、お姉やんやお義兄さんに祝福してもらって、美里も元気に生まれてきてくれて、ふんとに今は毎日旭さんの看病ができて、ふんとに幸せ。
方思えたのは、お姉やんのおかげだよ」

「もも、、、」

 

 

こうして、ももは旭の療養先に向かいました。

 

 

それでは今日はこの辺で、
ごきげんよう、さようなら

 

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話