読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

黒木華

花子とアン第152回 My time has come at last. ついに私の番が来たの!

闇市 「そんなに慌てて食べなくても、誰も取らないよ」 二人の女の子は、姉の幸子と妹の育子。 小さいころを思い出すかよと花子。 かよは二人を優しく見つめます。

花子とアン第151回 大きく変わるかよの人生

甲府 お父の葬式で安東家、村岡家、木場家が集まっています。 お父の作った最後の葡萄酒を飲むお母。 「ごめんなって」

黒木華さん(かよちゃん)スタパに登場!

オープニング 司会は戸田恵子さん、伊藤雄彦アナウンサー 「花子とアン」9月10日のVTR 「あたしんとって、この店は命よりも大切なもんだ」のシーン 黒木華さん登場!

花子とアン第139回 醍醐さんシンガポールへ そして龍一も、、、 さらに雪乃役の壇蜜さんが再登場

太平洋戦争開戦 花子49歳。 太平洋戦争の開戦を機に、花子は9年間続けた、ラジオのおばさんを辞めました。 そして、日本とカナダは敵対する関係になったのです。 昭和16年、開戦直後は日本中が勝利を確信し、大きな興奮に包まれておりました。

花子とアン第135回 二つの道

夜 宮本家には深入りしないよう花子に忠告する英治。 美里の寝顔を見つめる花子。 JOAK 戦争のニュースを放送する花子。

花子とアン第114回 ダーリングボーイ お母ちゃまのダーリング カフェータイム

ちょっこし、あらすじ 村岡家 1926年(大正15年)、初夏 2年が経ちました 家の中を走り回る歩(四代目) 花子は歩に手を焼いているようです。

花子とアン第113回 動き出したかよの時間 青凛社 富山先生、ブラックバーン校長再登場!

ちょっこし、あらすじ 村岡家 水を撒く村岡父。 看板を取り付ける英治。 「うん、完璧よ!」 青凛社 たくさんの友人たちの力を借りて、青凛社が誕生しました。(美輪さん) 実際、村岡花子と村岡儆三は震災の翌年、自宅に「青蘭社書房」という出版社兼印刷所…

花子とアン第110回 郁弥のいた時間 かよの思い 伝助の手紙

ちょっこし、あらすじ 居酒屋 「ねえ、かよちゃん、わたくしって、そんなにしゃべるの遅い?」 蓮子さん、かよちゃんに相談します。 かよちゃんは蓮子さんを励まします。 「ねえ、かよちゃん、私の先生になって下さらない?」 かよちゃん、苦笑い。

花子とアン第109回 宇田川満代、恋に落ちる!

ちょっこし、あらすじ 1924年(大正13年)春 大震災から半年が経ちました。 英治は工事現場で働いています。 朝、花子と歩が英治を見送ります。 歩の手には兄やんからもらった船。 「お父ちゃま、いってらっちゃい」

花子とアン第108回 プロポーズの返事 かよの微笑み

ちょっこし、あらすじ 「おお、かよ!」 「おじさんも、おばさんも、ふんとに心配してただよ」 「ふんとにみんな無事でよかった!」 かよに声をかけます。 しかし、悲しげな眼で何も言わないかよ。 「おらたちは無事だったけんど、郁弥さんが、、、」 「かよ…

花子とアン第107回 ナミダさんは笑えるかな? 郁弥の死 笑えるわけないじゃんけ

ちょっこし、あらすじ かよと英治が戻って来たのは、震災から三日後のことでした。 「お姉やん、郁弥さん結婚してくださいって言ってくれたさ」 「そう、よかったね」 「おら、嬉しかった、、、」 「かよ?」 英治をみる花子。 「郁弥さん、おらのこと女神だ…

花子とアン第106回 入道雲 関東大震災 ナミダさん

ちょっこし、あらすじ 今日は歌から入りましたよ。 村岡家 歩と遊ぶ花子。 時計は11時52分。 ドミンゴ かよにプロポーズをする郁弥。 「郁弥さんの、ばかっちょ!」 「かよさん?」 店の外に飛び出すかよ。 「恥ずかしかった、、、」 店に引き返そうとするか…

花子とアン第105回 郁弥さんの、、、ばかっちょ!

ちょっこし、あらすじ 1年後、1923年(大正12年)夏 花子は「王子と乞食」の翻訳をしています。 「余と余の民は知っている。そちは知らぬ。私たちはこの言葉を覚えて、彼の名を賛美しよう」 完 「はあ、、、終わった、、、」 「王子と乞食」の翻訳が、とうと…

花子とアン第104回 「女は弱し、されど母は強し」 かよと郁弥の恋の行方は?

ちょっこし、あらすじ 葉山家 「純平、お父様が付けてくださったのよ。素敵な名前ね」 純平は連れ去られてしまいます。 純平が生まれたことに感謝する蓮子。 花子は龍一が弁護士の勉強を頑張っていることを伝えます。 「女は弱し、されど母は強し、よ。もし…

花子とアン第92回 意義なし! 花子、ついに結婚!

甲府 ももちゃん! 結婚式のためにももちゃんが北海道から帰ってきました。かよちゃんは、なんか遠慮がちな顔ですね、どうしたのかな? (M-33 Mother Land Nostalgia) お爺やんの仏前にサイダー。サイダー、なぜ?それはさて置き、、、 ももちゃんは北海道に…

花子とアン第88回 かよちゃんと武 クリスマス會 決闘?

ちょっこし、あらすじ かよ!全員かよ! なんちゃって~ チャンチャン というわけでかよたん、カフェーのクリスマスパーティーに10人呼ばなければならないようです。 「ふんだけんど、おら、東京に知り合いなんていないし(T_T)」 かよたん、かわえ~。「どう…

花子とアン第74回 道ならぬ恋 勿忘草(わすれなぐさ)

ちょっこしあらすじ 朝 かよちゃん、今日はオレンジですね。 英英 辞書見切れ。 「忘れてください」 はなは、英治の言葉が忘れられません。

花子とアン第69回 イギリス帰り、村岡印刷さんの弟でイケメンの村岡郁弥役、町田啓太さん初登場!

ちびっとあらすじ 夕方、、、 はな、なぜかそわそわ、時計を気にします。 醍醐さん、なぜかはなの歓迎会の話を知っています。 同僚の三田さん、どうやら東京のリンさんですね。三田悠介役は本田大輔さん

花子とアン第50回 お父帰る! かよちゃんは悪くありません

ちびっとあらすじ お父帰る! 「ぐっどあふたぬーん、はな」 はなのお父、吉平が帰ってきました。 はなが学校で授業中にひょっこりと。 お父は4年ぶりに甲府に帰ってきました。 お父の服はかなり、いやひどくボロボロです。 放課後はなと話しますが、はなが…

おら、死んでも工場には戻らね 

花子とアン 第40回 ちびっとあらすじ 花ラーのみなさん、ごきげんよう。今日も「ちびっとあらすじ」でお楽しみください。 製紙工場がいなくなったたかよ。ボロボロの姿で修和女學校の前に倒れていたところをはなが見つけます。 一方、はなの実家では、製紙工…

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話