朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話

連続エイカイワ小説 『 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話 』 です。NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で簡単な英会話をこぴっと学びましょう。英語を話せるようになりたい方、英語が上達したい方、大歓迎! Japanese drama "Hanako and Anne." Outline of story, English dialogue, Actors' information.

英会話

マッサン第20回 エリー、人間、LOVEだけでは生きていかれへんねや 「ゴンドラの唄」を歌う優子さん

井戸端 エリーは井戸端会議です。 キャサリンさんや近所の人に、お見合いのことを聞くエリー。 結婚はLOVEが一番と思いきや、、、「エリー、人間、LOVEだけでは生きていかれへんねや」結論はやはり、MONEYですね。(有働アナ談)

マッサン第19回 マッサン、爆発シマセン!

亀山家 エリー、近所の人と井戸端会議です。 料理がうまくなったかと聞かれて、、、 「ぼちぼち、頑張ってます」 「ぼちぼちやって、一本取られたわ」 「習うより慣れろ。千里の道も一歩から」 「センリノミチ?」

マッサン第18回 Home! Sweet Home! 埴生の宿

夜 鴨居社長とハグするエリー。 ちょうど帰って来たマッサンと目が合います。 悲しげな目のマッサン。

マッサン第17回 あ~あ、私、奥さんだけ!ご飯作る、掃除、洗濯、あとずっとマッサン待ってる!

朝 マッサンを起こすエリー。 飛び起きるマッサン、慌てて仕度をします。 エリーはマッサンが仕事で忙しくて相手をしてくれない事が不満です。 「あ~あ、私、奥さんだけ!ご飯作る、掃除、洗濯、あとずっとマッサン待ってる!」 マッサンはエリーの話を聞く…

マッサン第15回 エリーの米炊き特訓 はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても蓋取るな!

朝 エリーがご飯を炊いていると玄関を激しく叩く音が。 エリーはマッサンを慌てて起こします。 「どちらさん?」 「わてや、鴨居や!」 玄関と思いきや、庭から入ってくる鴨居社長。 「えりーちゃん、グッドモーニング!」

マッサン第14回 あかん、、、あかん!あかん、あかん、あかん!う~っ! 白井晃さん、バッファロー吾郎Aさん登場!

新居 優子さんが訪ねてきます。 優子さんは引っ越し祝いに目音茶碗を持ってきてくれました。 大作さんからエリーの事情を聞いた優子さん。 優子さんはマッサンのことはきっぱり諦めたようです。 「ノー!」 エリーは慌てて台所に戻ります。 お釜を開けると、…

マッサン第11回 やってみなはれ! COMIN' THRO' THE RYE(故郷の空)

夜 ウィスキーの設計図を見るマッサン。 二年前、スコットランドでのことを想い出します。 雨の中、ロンモード蒸留所の前で働かせてもらえるよう頼み込むマッサン。 見かねた工場長が傘を差し出します。 そして蒸留所で働くマッサン。 エリーがランチを持っ…

マッサン第10回 デキタ、デキタ、デキタ! マッサン、すすり泣き

部屋 お箸の練習をするエリー。 お豆を一個お皿に、、、出来ました! E: Oh! Look at that! I did it! I did it! I did it! 「オオキニ、ネコ、チガウ、デキタ、デキタ、デキタ!」 エリーは思いました、優子さんは愛する政春さんのために頑張って来たんじゃ…

マッサン第9回 女難の相が出とる!

2階 マッサンとエリーは優子さんと佳代さんに謝りに来ました。 社長の大作さんから事前に話してもらっていると思っていたマッサン。 でもそうではないようです。 昨晩、大作さんは優子と佳代、二人の険しい顔に、何も言えなかったのでした。 「あかん、、、…

マッサン第8回 アホ! 鴨居欣次郎役の堤真一さん、初登場!

住吉酒造 マッサンのスコットランドかろの帰国を祝って歓迎会が開かれています。 マッサンはスコットランド、グラスゴー大学で学んだウィスキー作りを厚く語ります。 しかしみんなはエリーのスピーチを聞きたいようです。 エリーは心配顔です。 しかしエリー…

マッサン第7回 お箸 タブンネ、Homework 相武紗季さん(田中優子役)登場!

1920年(大正9年)朝 政春とエリーは大阪へ発つようです。 家族に挨拶をします。 エリーは早苗に向かってい言います。 「お母さん、私、頑張ります」 エリーは政春のいいお嫁さんになることを母、早苗に約束します。 エリートとは目を合わさずに黙って聞く早…

マッサン第5回 政春と政志、白熱の相撲 

オメカケ? 居間でマッサンと早苗が話しています。 早苗はエリーをまだ認めようとしません。 家をとるか、エリーを取るか、マッサンに返答を迫ります。 マッサンもゆずりません。 結婚を認めてもらえないなら、全部捨てる覚悟です。 エリーは、、、

マッサン第3回 ワタシ、ガンバル!

朝食 エリーは初めての日本の食卓。しかしエリーのお膳はありません。 マッサンとエリーは部屋に戻ってしまいます。 エリーたちはスコットランドでも日本も祝福されません。 悲しい顔のエリー。

マッサン第2回 私が日本についていく行く! 「蛍の光」は元はスコットランド民謡でした。

居間 お母ちゃんはマッサンに亀山酒造を注ぐことを求めます。 そしてお母ちゃんはエリーとの結婚を認めません。 マッサンはお母ちゃんを説得します。 エリーは訳が分かりませんが、お母ちゃんが怒っていることは分かります。

マッサン第1回 Ellie! This is the start of our new life! エリー情報満載です!

英語のセリフが出てきたのでちょっとだけやることにしました(^^) ストーリー 北海道 余市、1971年(昭和46年) スーパーエリー特別受賞祝賀式典 時代は50年後から始まりました。

花子とアン第156回(最終回) 日本中にアンの腹心の友ができますように

居間 「敗戦後、私は筆を折っていたのをご存知?」 「ええ、、、」 「何を書くべきかわからなくなってしまったの。 7年間も、宇田川満代はがらんどうだった。 その私が、また書けるような気がするの、、、 ありがとう」 「宇田川先生、、、」 「あなたじゃな…

花子とアン第153回 焼跡に 芽吹く木のあり かくのごとく 吾子の命の かへらぬものか  白蓮

宮本家 縁側で話す花子と蓮子。 「まさか、はなちゃんが来てくれるなんて思ってもみなかったわ」 花子は歩が亡くなった時の話をします。 「純平くんからも蓮さまのこと頼まれたの」 「純平がこんな私の姿を見たら悲しむわね」 頷く花子。 「そうよ、連さま」…

花子とアン第152回 My time has come at last. ついに私の番が来たの!

闇市 「そんなに慌てて食べなくても、誰も取らないよ」 二人の女の子は、姉の幸子と妹の育子。 小さいころを思い出すかよと花子。 かよは二人を優しく見つめます。

花子とアン第150回 目を閉じるお父  吉太郎と醍醐さん Hey, Mama-san!

村岡家 電話をする花子。 「あの、、、ラジオ出演のお話、ぜひ受けさせてください」 微笑む英治。

花子とアン第146回 悲しい友との再会

度重なる空襲で東京は焼け野原に。 そして、8月6日広島、9日長崎。 1945年(昭和20年)8月15日 ラジオの前に、姿勢を正し真正面を見て正座をする、村岡家、益田家、かよ。 玉音放送 朕(ちん)深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑(かんが)み、非常の措置を以…

花子とアン第145回 曲がり角の先

空襲後の朝 花子たちが自宅に戻ってくると、工房の青凛社は焼け落ちていました。 家にいた旭と英治が駆け寄ります。 「みんな無事でよかった、恐ろしかっただろ。かよさんは?」 かよは戻っていません。 花子はかよを心配します。

花子とアン第144回 武運長久を祈っています

宮本家 純平が戻って来ました。 仏段に手を合わせる純平。 蓮子は純平が今どこに所属しているのかを尋ねます。 しかし、純平は軍規ということで答えません。 純平は今晩一晩泊まって明日の午後戻るようです。 喜ぶ蓮子。 龍一からの連絡を気にする純平。 蓮…

Hanako and Anne for 5 minutes - Week #23 - Encounter with Anne

Summer in 1938 The war with China is continuing and peoples have been forced to cooperate to military posture. Almost all of News that the Children News which hanako is in charge of broadcasts are the ones related to military.

花子とアン第137回 I WANT you to have it.

Anne of Green Gables 村岡家 H: Hanako S: Miss Scott H: Anne of Green Gables... S: It's a novel written by Canadian women, Lucy Montgomery. During my time here, this book has been very dear friend to me. H: I can't accept such an important …

花子とアン第136回 I HAVE a book to give you.

ちょっこしあらすじ JOAK 1939年(昭和14年)初夏 花子はラジオの仕事を続けています。 廊下を歩く女性、、、 宇田川満代先生です! ラジオから流れる花子の声に足を止める宇田川先生。 「あいかわらず生ぬるいわね」 宇田川先生の言葉に、へつらう漆原部長。…

Hanako and Anne #133 - Miss Blackburn to go home, the era to go into the one color.

Cafe Time Miss Udagawa enthusiastics to be a war correspondent. "To tell the truth, I have hoped to go to the field as embedded journalist if I have a chance." Ayako has wanted to confirm the truth firsthand. "It's natural as an author in …

花子とアン第133回 ブラックバーン校長、帰国へ そして時代は一色へ

カフェー タイム 従軍記者に燃える宇田川先生。 「じつは私も、機会があればペン部隊として戦地へ赴きたいと思っているの」 真実を自分の目で確かめたい醍醐さん。 「この戦時下において、表現者なら当然のことよ」 宇田川先生が割って入ります。長谷部先生…

Hanako and Anne #132 - Mitsuyo Udagawa applies for The Pen Unit, The era gets moving.

After the broadcast "What you read was different with the one we have had checked each othere." "Well..." "You said Teru or ... Teru-go." Hanako looks awkward. "I wouldn't liek to get involved in this case if it were in trouble. Well, Goki…

Hanako and Anne #131 - Doggy Soldier

At evening "Misato, Teru might not..." "He will be back!" Misato looks at Hanako. "He will give the forces all his best then certainly comes back. "If I am a good girl, does he get back sooner? "I think so." "I will be a good girl!" Hanako…

Hanako and Anne #130 - Miss Scott returns, and Footsteps of War

Summer in 1938 Five years later. Akira has recovered from the disease and works at Seirinsha. Momo and Akira got another baby girl. Hanako and Eiji has adopted Midori eagering to do so.

花子とアン第130回 スコット先生、再登場! そして戦争の足音

1938年(昭和13年)夏 5年後 旭は元気になり青凛社で働いています。 ももと旭にはもう一人、女の子が生まれました。 美里は花子と英治のたっての願いで、村岡家の養女になっています。

Hanako and Anne #129 - Her name is Misato, His name is Teru.

At Muraokas' living room She was named Misato "Misato..." "Gokigenyo, Misato!"

Hanako and Anne #128 - Momo's marriage and also Asaichi's!

At Muraokas' living room Akira, a painter, tells her his feeling. "I got it while drawing you. There is more important thing than being valued by those who are around you. It's to love an object you draw truly." Momo told the storys of her…

Hanako and Anne #118 - It has rained, saddest rain.

Storyline Ayumu passed away with children's dysentery at early morning on September 1. Funeral Eiji deliver a memorial address."Everyone, Please support her."Hanako still lowers her eyes.

Hanako and Anne #117 - Ayumu goes, Raining outside

日本語版はこちら。 Evening Eiji makes an ice pack for Ayumu.His fever does not go down.A doctor comes to examine him. "Doctor, Ayumu is..." "Unfortunately, He probably gets children's dysentery. "Dysentery?" "Oh my god, Please do something…

Hanako and Anne #116 - Ayako views Kichitaro with faver, Crystal radio

Storyline Daytime Ayumu shows Hanaka a picture he drew.But she seems to busy with translation work.Ayumu looks sad. Nighttime Hanako is doing translation without sparing time for sleep. Sunday In the morning, Ayumu gets happy seeing the sk…

花子とアン第113回 動き出したかよの時間 青凛社 富山先生、ブラックバーン校長再登場!

ちょっこし、あらすじ 村岡家 水を撒く村岡父。 看板を取り付ける英治。 「うん、完璧よ!」 青凛社 たくさんの友人たちの力を借りて、青凛社が誕生しました。(美輪さん) 実際、村岡花子と村岡儆三は震災の翌年、自宅に「青蘭社書房」という出版社兼印刷所…

花子とアン第111回 "The best things are never in the past, but in the future." by Miss Blackburn

ちょっこし、あらすじ 村岡家 「もう一つ聞きたいことがある」 「な、なんでしょうか?」 「あいつは、どげんしよるとね? 「え?」 「蓮子は無事に暮らしちょるか?」 花子は蓮子の様子を話します。 伝助さん、少し安心したようです。

花子とアン第110回 郁弥のいた時間 かよの思い 伝助の手紙

ちょっこし、あらすじ 居酒屋 「ねえ、かよちゃん、わたくしって、そんなにしゃべるの遅い?」 蓮子さん、かよちゃんに相談します。 かよちゃんは蓮子さんを励まします。 「ねえ、かよちゃん、私の先生になって下さらない?」 かよちゃん、苦笑い。

花子とアン第105回 郁弥さんの、、、ばかっちょ!

ちょっこし、あらすじ 1年後、1923年(大正12年)夏 花子は「王子と乞食」の翻訳をしています。 「余と余の民は知っている。そちは知らぬ。私たちはこの言葉を覚えて、彼の名を賛美しよう」 完 「はあ、、、終わった、、、」 「王子と乞食」の翻訳が、とうと…

花子とアン第94回 名前は「歩」 そしてブラックバーン校長再び!

ちょっこし、あらすじ 「たらちねの 母と呼ばれてこの家に わが幸 は満ちあふれけり 花子」 花子と英治に元気な男の子が誕生しました。 名前は「歩」。 お母やん、お父やん、かよちゃんも覗き込みます。 この歌は実際に村岡花子さんが出産した時に読んだ歌で…

花子とアン第92回 意義なし! 花子、ついに結婚!

甲府 ももちゃん! 結婚式のためにももちゃんが北海道から帰ってきました。かよちゃんは、なんか遠慮がちな顔ですね、どうしたのかな? (M-33 Mother Land Nostalgia) お爺やんの仏前にサイダー。サイダー、なぜ?それはさて置き、、、 ももちゃんは北海道に…

花子とアン第71回 はなと蓮子の再会 そして村岡英治の秘密とは、、、

ちびっとあらすじ ドミンゴ、、、 宮本龍一、蓮さまにからみまくります。 しかし蓮さま、余裕しゃくしゃくです。 「帰りません、絶対に」(降りません、絶対に) 「・・・」 「わたくしは、世界で一番大切な友達と、今夜ここで会うんです(キリ!)」 聰文堂…

花子とアン第69回 イギリス帰り、村岡印刷さんの弟でイケメンの村岡郁弥役、町田啓太さん初登場!

ちびっとあらすじ 夕方、、、 はな、なぜかそわそわ、時計を気にします。 醍醐さん、なぜかはなの歓迎会の話を知っています。 同僚の三田さん、どうやら東京のリンさんですね。三田悠介役は本田大輔さん

花子とアン第66回 一本道と曲がり角

ちびっとあらすじ DREAM 甲府に初雪が降った日、お爺やんは眠るように亡くなりました。 お父やん、行商をやめてお百姓さんをするようです。 はなは、お父とお母に東京に行きたいことを告げます。 本気で夢を追いかけるようです。 本を作る仕事に就くようです…

花子とアン第55回 Girls, be ambitious!

第10週「乙女よ、大志を抱け!」 ちびっとあらすじ 今年は第3学年担当 1918年(大正7年)5月、 はな24歳(はなは1893年6月21日生まれです)、 最初の生徒を送り出してから4年の月日が経ちました。 はなの着物がまた変わってます。お洒落な紫です。 はなの教…

花子とアン第46回 Could you pass me the salt please? ペンネーム安東花子

ちびっとあらすじ はなは校長先生に退職願を出し、その場を去ろうとします。 「ちょっと待てし!」 校長先生ははなを呼び止めます。歯切れが悪そうに理由をのべ、そして、、、 「あしたから心を入れ替えて、こぴっとやれし!」 どうやら生徒たちがはなを辞め…

花子とアン 第42回 卒業、おめでとう、はな!

ちびっとあらすじ 1913年(大正2年)3月、はなの卒業の時期が近づいています。はなは手紙を読んでいます。どうやら朝市からのようです。朝市は、はなのために母校に代用教員の就職口をお願いしてくれていたようです。そして、、、 「幸い、今日採用の返事を…

花子とアン 第41回 はなのかへりを たのしみに まってゐます

花子とアン 第41回 はなのかへりを たのしみに まってゐます ちびっとあらすじ はなと、ふじ、かよは親子水入らずで一晩を過ごします。深夜まで勉強するはな。その後ろからふじとかよが見守ります。ふと、思い出してはなはお父からの手紙を取り出します。そ…

私は騙されていたのでしょうか? Shall we begin?

花子とアン 第39回 ちびっとあらすじ 博多では蓮子さまと石炭王、嘉納伝助との結構披露宴が続いています。するとそこへかわいい女の子が、、、 なんと伝助には冬子(山岡愛姫)という子供がいたのです。伝助には子供がいないと聞かされていた蓮子さまは驚き…

▲トップへ



© 朝ドラ「花子とアン」でこぴっと英会話